自動車整備士と営業マンが監修するクルマ情報ブログ

くるまいこドットコム!

車検・整備修理

エンジン警告灯がついてガタガタする!考えられる原因って何がある?

更新日:

こんにちは!

自動車整備士のまいこです!

突然ですが、皆さんはエンジンの警告灯がついたことはありますか?

普通に車を走らせていてスピードメーターにランプが表示されると私でも一瞬ドキッとします。

しかも、ガタガタとアイドリングまで不安定だったら「このまま車を走らせても大丈夫なの?」と不安になるのではないでしょうか?

 

そんなエンジンの警告灯ですが、じつは警告灯が点灯する原因はいくつもあります。

原因が分からないと「走っても良いのか?レッカーを呼ぶべきか?」迷うと思いますが、エンジンの警告灯と合わせて「ガタガタする」のであれば故障個所を特定することも可能です。

というわけで、今回は「エンジン警告灯がついてガタガタする原因について」お伝えしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

エンジンの警告灯がついて「ガタガタ」する時の原因は?

まず、通常のエンジンの回転数は700~1000回転前後になりますが「これよりも低い回転数になるとエンジンがガタガタする(アイドリングが不安定)」という症状が起きやすくなります。

この回転数の低下は「点火」「空燃比」「圧縮」のどれかが正常でない可能性が高く、その中でも「点火系統」が最も怪しい箇所として考えられます。

 

エンジン警告灯+ガタガタなら「イグニッションコイル」の可能性が高い!

アイドリングが不安定ということで「点火系統が怪しい」ですが、さらにエンジン警告灯が点灯しているという事は「エンジンコンピューター制御の範囲内で故障が起きている」ことが考えられます。

であればコンピューター制御で動かしている点火系統の「イグニッションコイル」の故障が原因と考えられます。

イグニッションコイルを簡単に説明すると「ガソリンを燃焼させる火花を作る装置」です。

 

つまり、イグニッションコイルが不具合を起こして「安定して点火していない」ためアイドリングが不安定になりガタガタしていると予測できます。

まいこ
ちなみに車に詳しい方だと「スパークプラグじゃないの?」と思われるかもしれませんので追加で補足しておきます。

 

エンジンがガタガタするなら「プラグ」じゃないの?

確かにスパークプラグ不良でも「エンジンがガタガタする」という症状は出ます。

しかし、仮にスパークプラグが不具合を引き起こしてもエンジンの警告灯は点灯しません。

症状としては全く同じでも、エンジン警告灯が点灯するなら「イグニッションコイルの不具合」の可能性が高いと考えられます。

 

スポンサーリンク

 

エンジン警告灯が点灯しても走行して大丈夫?

エンジンの警告灯がついて「ガタガタするけど走行できる」のであれば、近くの整備工場まで自走する程度であれば問題はありません。

もちろん乗り回して大丈夫という意味では無く「ちょっと走るくらいなら車にダメージは無い」という意味です。

ですが、状況によっては「加速しない」ことも考えられるので、安全面を考えれば任意保険のロードサービスを利用することをお勧めはします。

 

ちなみにスピードメーターに表示される警告灯は「赤」「黄」「緑(青)」とありますが、

  • 「赤」 … 危険な状態。ただちに停車して修理が必要
  • 「黄」 … 異常のお知らせ。走行を控えて整備工場で点検
  • 「緑(青)」… 安全な状態。

となっており、「赤」だとオーバーヒートなど停車を必要とする緊急性の高い内容になっています。

田中さん
とはいえ、エンジン警告灯は黄色だから安心というわけではなく、そのまま無理して走り続けていると「触媒」がダメになる恐れがあります。

 

触媒とは「排気ガスを無害化させるパーツ」で、通常であればノーメンテナスで問題ありませんし交換する必要もありません。

しかし、イグニッションコイルやスパークプラグ不良で燃料がきちんと燃焼しない状態が長いと浄化性能が衰えたり破損する可能性もあります。

基本的にガタガタするのであれば「走っていればそのうち直るというわけではない」ので、早めに整備工場で修理した方が良いでしょう。

 

修理すると費用はどれくらいかかる?

原因がイグニッションコイルの場合、車種に寄りますが修理代は1か所に付き15,000円くらいは覚悟しておきたいところ。

また、イグニッションコイルは「軽自動車で3~4つ」「普通車で4~8つ」ありますが、交換する際は全て同時交換がベストです。

イグニッションコイルの寿命は10万kmと言われていますが、1つ不具合が出るのであれば他も同様に経年劣化していると考えられます。

まいこ
1つだけ交換しても「再度同じ症状が出ることが考えられる」ので、少しお高いのですが出来ればまとめて交換が望ましいです。

 

とはいえ、近いうちに車を買い替える予定であれば全て交換するのは勿体ないので、

  • 社外品や中古部品を探してもらう
  • 不具合を起こしている箇所だけにしておく

というのも1つの手ですよ。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「エンジン警告灯がついてガタガタする」原因について解説してきました。

エンジンの警告灯が点灯する原因はいくつかあるのですが「ガタガタする」という症状が出ているのであれば「イグニッションコイル」が可能性として考えられます。

とはいえ、車の症状をしっかり見ていない状態で絶対にそうだとは言い切れませんので、エンジン警告灯がついたのであれば一度お近くのディーラーなど整備工場で点検は受けてくださいね。

その他にエンジン警告灯がついて「点いたり消えたりする」「スピードが出ない」など症状によって考えられる原因は変わってきますので以下の記事を参考にしてください。

エンジン警告灯がついたり消えたり!消えたままなら大丈夫なの?

エンジン警告灯がついてスピードが出ない!考えられる原因は何なの?

以上「エンジン警告灯がついてガタガタする!考えられる原因って何がある?」でした。

 



【 最後にPRです! 】

車の一括査定で心配なのは、たくさんの業者から一度に電話が掛かってくるとこと。

でもローラさんでお馴染みの「ユーカーパック」は、

  • 営業電話が来ない
  • 個人情報が流れない
  • 査定は自宅(出張査定)か提携ガソリンスタンドで1度のみ

それに2000社が参加するオークション形式だから車が高く売れる可能性があります!

愛車を高く売りたい方は試してみてね♪>/


 

夏のまいこ

おすすめ記事

1

いらっしゃいませ! 現役自動車営業マンの田中です! 突然ですけど、新車を購入する時は1円でも多く値引きしてもらいたいですよね? 私は営業マンなので出来れば値引きは抑えたいのが本音ですが、なかには「値引 ...

2

こんにちは! 現役の自動車整備士まいこです! 突然ですが、あなたは新車を購入するとき「インターネットの情報」をどこまで信用していますか? 私もそういったサイトを見るのが好きなので、ついついネットサーフ ...

3

いらっしゃいませ! 現役自動車営業マンの田中です! 今回は「中古車購入の注意点」についてご紹介したいと思います。   みなさんは自動車だったら新車も中古車も値引き交渉は一緒と思っているかもし ...

-車検・整備修理

Copyright© くるまいこドットコム! , 2019 All Rights Reserved.