自動車整備士と営業マンが監修するクルマ情報ブログ

くるまいこドットコム!

整備・修理

車の修理はオートバックスやガソリンスタンドに依頼しても大丈夫?

更新日:

こんにちは!

自動車販売スタッフの田中です。

田中さんあいさつ

みなさんには車を修理する時の「馴染みのお店」がありますか?

車が故障したらディーラーや町の整備工場で見て貰うのが一般的だと思いますが、他にも

  • カー用品店…オートバックスやイエローハット
  • 車検専門店…コバックや車検の速太郎
  • ガソリンスタンド
  • 中古車販売店

など色々なお店があります。

 

車が故障した時の修理先を選ぶ基準として「修理費用の安さ」もありますが、ディーラーで購入してないから相手にしてもらえなさそうで恐いという方もみえます。

でも、そもそもカー用品店やガソリンスタンドの整備って大丈夫なのでしょうか?

というわけで、今回は車の修理の依頼先について解説していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

車の修理は「黄色い看板」が目印です!

まず国の認証を受けた整備工場は「自動車分解整備事業」と書かれた黄色い看板を、お店の目立つ(お客様から見えやすい場所)に掲げなければいけない決まりがあります。

参照元国土交通省

黄色い看板を掲げた事業所は「カー用品店やガソリンスタンドなども含めて国の認証を受けた整備工場」となります。

 

田中さん
ブレーキの脱着、サスペンションなどの足回りの脱着、エンジンやミッション本体の脱着、車検整備に伴う法定点検などの整備は「分解整備」と言い、使用者以外の者が整備する場合は国の認証を受けた整備工場でないと整備してはならないと明確に決められています。

ちなみに分解整備を国の認証を受けていない方が行うと「道路運送車両法違反」となります。

それを踏まえて修理の依頼先について私の見解をお伝えしていきます。

 

オートバックスやイエローハットの「カー用品店」はどうなの?

オートバックスやイエローハットなどのカー用品店は「各店舗独立採算で経営者が異なる」ので、その店ごとで認証工場かそうでないか違います。

また作業をする人も「数をこなすことで技術が上がる」でしょうから、カー用品店でも忙しい店舗の整備スタッフはレベルが高いと言えるかもしれません。

ただ、個人的にはタイヤ交換で入庫しても「タイヤ交換以外の何かを勧められる」印象があるので、車に詳しくない方は余計にお金が掛かるかもしれません。

 

ちなみに、認可工場では無い場合は「オイル交換やタイヤ交換などの軽整備は分解整備に該当しない」内容に関しては各店舗のピットで作業を行い、分解整備が必要なものは別の認証工場で作業を行います。

まいこ
これはディーラーでも認証工場ではない店舗は別の工場で車検を受けたりするので同じです。

 

ガソリンスタンドの整備はどうなの?

ガソリンスタンドも認可工場であれば「黄色い看板」が目立つところに掲げられているはずです。

ですが、エンジンオイルやタイヤ交換くらいの軽整備以外はお勧めしません。

なかには整備士資格を持った方も見えますが、多くはアルバイトで整備について詳しくない人の方が多いです。

私の中では、オートバックなどのカー用品店と同様に「商品を売る」のがメインであって、整備仕事が主では無いけど軽整備なら出来るという位置づけです。

 

スポンサーリンク

 

車検専門店の整備は信用できるのか?

車検専門店は「車検を行う」わけですから、そういった意味では国の認証を受けた安心できる整備工場です。

ただ、基本的には「車検をまとめて行うことで車検費用を安くしている」ので、積極的にイレギュラーな修理を行うかどうかは店舗によります。

車検専門店も「町の整備工場が集客のためにFCに加盟している」のであれば、車検以外も喜んで受けてくれる印象があります。

どちらにしても、基本的には「整備の品質は安心できるレベル」だと思います。

 

中古車販売店の整備は安心できるの?

「車を購入したお店でメンテナンスや保険もお任せしたい」という方は多いと思いますが、個人経営の中古車販売店で認証工場というところは少ないでしょう。

でも、ブレーキの交換もユーザー車検も行っている店は結構あります。

認証を受けた工場で車検を受けると、フロントガラスの左上の隅に「ダイヤルステッカー」が貼られます。

 

ダイヤルステッカーが無い場合は「ユーザー車検代行(検査のみ)」や「未認証行為」による点検や整備の可能があります。

もちろんお店に寄りますが、車の購入や自動車保険の加入はともかく「整備」に関しては少し不安があるかもしれません。

 


 

車の修理を依頼する店選びの判断基準の1つに、まずは国の認証を受けているか「黄色い看板の有無」で判断することが出来ます。

しかし、認証工場だからといって「作業する人がアルバイト」であれば仕事の内容によっては不安が残ります。

そういった点も考えると、勝手に私が決めた順位では

  1. 車検専門店
  2. カー用品店
  3. ガソリンスタンド
  4. 中古車販売店

というような形になります。

「じゃあ、やっぱり車の修理はディーラーや町の整備工場が安心なの?」と言われると、私はハイと答えます。

車の修理はディーラーが安心?整備工場にもメリットはあるよ!

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「車の修理はカー用品店やガソリンスタンドでも大丈夫なのか?」私の見解をお伝えしてきました。

田中さんあいさつ

大前提として「車を見てくれる整備士が凄腕だったら一番良い」のですが、一般論として

  • 国の認証を受けた整備工場は黄色い「自動車分解整備事業」と書かれた看板を掲げている
  • 国の認証を受けた整備工場であれば修理全般扱っている
  • 認証工場でも軽整備はアルバイトが行っているかもしれない

というポイントがあります。

 

また、なんとなく「車の修理もカー用品店は安そう」というイメージがありますが、少しグレードの良いものや他の作業も勧められたりして最終的に予定していた費用よりも高くなる印象があります。

私の偏見かもしれませんが、1つの意見として参考にしてみてくださいね。

以上「車の修理はオートバックスやガソリンスタンドに依頼しても大丈夫?」でした。

 



【 最後にPRです! 】

みなさんも車を運転するにあたって「自動車の任意保険に加入」していると思います。

でも、じつは「自動車保険は会社によって保険料が全然違う」ということをご存知でしょうか?

自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」では、一度の入力で複数の保険会社から見積もりが届きます。

  • 見積もりは1週間以内に「メール」もしくは「郵送」でご連絡!
  • しつこい電話勧誘などは一切なし!
  • 安心の実績!利用者数は400万人を突破!

自動車保険の新規加入! もしくは満期の連絡が来たら保険料を安くするチャンスです!

利用しない理由はありません!




祭りを楽しむまいこ

 


おすすめ記事 と スポンサーリンク


-整備・修理

Copyright© くるまいこドットコム! , 2019 All Rights Reserved.