自動車整備士と営業マンが監修するクルマ情報ブログ

くるまいこドットコム!

車の購入売却

フルモデルチェンジの情報はいつわかる?現役営業マンがお答えします

更新日:

いらっしゃいませ!

現役自動車営業マンの田中です!

田中さんあいさつ

さて、あなたは「車を買い替える時にフルモデルチェンジや新型車発表の時期」など気にされますか?

車を買って、すぐに新しいモデルが発売されたら悲しいですし、またフルモデルチェンジ前だと値引きが大きいことで有名ですから、どうせならそのタイミングに合わせたいですよね。

でも、フルモデルチェンジや新型車の情報は、なかなか一般人に情報が下りてきません。

WEBの情報を見ても、正しいのか正しくないのかよくわからないというか、大体間違っていますしね。

そこで今回は、現役自動車営業マンの私がにフルモデルチェンジや新型車の情報がどのように現場の私たちに伝わるのかお答えします!

 

スポンサーリンク

 

モデルチェンジする情報はいつ分かるの?

新型車やフルモデルチェンジの正確な情報は、私たち販売店の自動車営業マンでも早くて半年前くらいです。

これはメーカーによって多少の前後はあるかもしれませんが、ネットで記載されているように1年も前からどのようなデザインになったり装備がどうなるのか詳しい情報はわかりません。

 

装備やデザインなど詳しいことがわかるのは?

フルモデルチェンジや新型車が発表される場合、販売店には事前に発表会(勉強会)が開催されます。

またマイナーチェンジだと「スタッフ専用のマニュアル」が配布されます。

私の会社だと一般発表の2,3か月前くらいに行われることが多く、サーキットでテスト走行もあったりします。

この時点で勉強会に参加された人は、実車を見ることが出来るのですが、その時にカメラなどで撮影するのは厳禁です。

デザインなど詳しいことが一般公開されるのは日程が決められてるので、基本的にその日にちまでは箝口令(かんこうれい)が敷かれます。

しかし、おおよそ1か月前には先行予約販売が開始されるので、それまでにスタッフ用の販売マニュアルが配布されますから、営業マンによっては見せてくれる人もいるでしょう。( ̄▼ ̄)ニヤッ

 

つまり、フルモデルチェンジなどの”正確な情報”というのは、

  • 販売店の営業マンでも半年前くらい前に時期がわかる
  • 2,3か月前に発表会(勉強会)があって見ることが出来る(写真禁止)
  • 1か月くらい前にマニュアルが配布される(営業マンによってはこっそり見せてくれる)

というような流れらしく、一般の私たちがデザインなど見れるのは「こっそり」でも1ヵ月前ということですね。

 

WEBだともっと早いけど?

フルモデルチェンジや新型車の情報がWEBで1年前くらいから出ていることもありますが、正直この時点で「●年▲月」というのは当てになりません。

これはあくまで予想です。

WEBの情報を信じて買うタイミングを待っても「なかなかフルモデルチェンジしないな」という可能性はあります。

どんなデザインや装備がつくのか予想するのは楽しいのですが、情報の信ぴょう性は不明と考えた方がよいですね。

 

フルモデルチェンジや新型車の正確な情報を知るには?

結局は、販売店の営業マンに教えてもらうのが間違いないです。

たまに「WEBで●●がフルモデルチェンジするって見たんだけど」と来店される方がみえますが、大体は誤報です。

当たり前ですが、実際に販売する私たちが知らないのにWEBに正確な情報が出回るわけがありません。

仮に開発者が情報を漏らしていたら、その人クビでしょうね(笑)

ですから、いち早く情報を掴みたいなら販売店の営業マンに「情報入ったら連絡してください」と言っておいた方が間違いないでしょう。

販売店もフルモデルチェンジや新型車販売の際は、先行予約やスタートダッシュキャンペーンを行うことが多いので見込み客には連絡しますからね。

 

スポンサーリンク

 

モデルチェンジの前は在庫処分で車が安くなる!?

「モデルチェンジの前は在庫処分で値引きが大きい」という話がありますが、これは本当です。

普通車・軽自動車で値引きできる金額は違いますが、車の買い替えでお値打ちに購入したいなら狙いたい時期です。

ただ、最近は「在庫を作らない」ように発注している傾向があるのか、フルモデルチェンジする車種の現行車でも安くならない(そもそも車が無い)という場合もあります。

もちろん車種や店舗によって変わると思うので、詳しくは地域のお店の営業マンにお尋ねください。

モデルチェンジ前の値引きはどれくらいできるの?

これは一概に言えませんが、基本的に在庫車に限り「特別値引き枠」が設けられます。

特別値引き枠としては、軽自動車だと5~10万円くらいです。

普通車の場合は、車種によってバラバラですが10万円~で見ておいてよいでしょう。

 

また、この「特別値引き枠」とは別に、通常行う値引きや対策、決済など、もろもろ加わるわけですが、どちらにしろモデルチェンジする前に売り切りちゃいたいのが本音なのでズバッと値引きしてくれます。

田中さんの競合したところでは、先方在庫処分セールでオークション相場10万円の下取り車に50万円の値段をつけてきたそうです。(値引き込だと思いますが)

さすがに太刀打ちできなかったそうですが、やはりモデルチェンジ”前”は販売店も売り切りたいので買い替えのチャンスであるのは間違いありません。

 

フルモデルチェンジとマイナーチェンジとは?

ここまで話してなんですが、「フルモデルチェンジやマイナーチェンジって何?」という方も少なくないかもしれません。

とくに女性の方だとわからない方も多いのではないでしょうか?

というわけで、念のためフルモデルチェンジとマイナーチェンジについて説明しておきます。

 

フルモデルチェンジとは?

フルモデルチェンジは「デザイン面を含めた大きな仕様変更」となります。

フルモデルチェンジが行われると車検証に記載されている「型式」も変更となります。

自動車を購入する時に、

  • フルモデルチェンジで新しい車に乗りたい!
  • フルモデル直前で安く購入したい!

と、お客様の購買意欲が掻き立てられるので現場の営業マンとしては「ドンドンやってくれ!」というのが本音だそうです。

マイナーチェンジとは?

マイナーチェンジは「一部変更」となります。

マイナーチェンジが行われれ周期も特に決まっておらず、結構頻繁にマイナーチェンジはします。

ですが、マイナーチェンジでも装備面がかなり充実することもあるので、必ずしも小さいとは言えません。

基本的には、デザインなどの大きな仕様変更が伴わないのでマイナーチェンジの前後で大きな値引きなどがあるわけではありません。

 

フルモデルチェンとマイナーチェンジの周期

変更される時期について決まっているわけではありませんが、

  • フルモデルチェンジ…4~7年程度
  • マイナーチェンジ…早ければ1年

です。

車種によってはマイナーチェンジを繰り返して、10年くらいフルモデルチェンジしない車もあるので、あくまで参考としてお考え下さい。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

フルモデルチェンや新型車の情報については、

  • 販売店の営業マンでも半年前くらい前に時期がわかる
  • 2,3か月前に勉強会があって参加者のみ車を見ることが出来る
  • 1か月くらい前にスタッフ専用のマニュアルが配布される
  • 一般公開日じゃないとカタログなどは配布されない

ですから、半年より前の情報というのは、かなり信用度は落ちると考えられます。

しかし、それでも「新型車が出るのかな?フルモデルチェンジすると何が変わるのかな?」と考えるのは楽しいので、ついつい雑誌やWEBって見ちゃいます(笑)

それも1つの車の楽しみ方ですよね!

 

まいこ
マイケルさんは、点検を待ってる間もいつも車の雑誌を読んでるけど、雑誌にも新型車とかのことって書いているの?
マイケル
もちろん書いてますよ!でも雑誌で面白いのはパーツのこととかコラム記事ですね。まいこさんは雑誌とか興味ないですか?
まいこ
私は雑誌とか読まないわね。車も買い替えるより悪くなったら直しちゃうから。
マイケル
私も車は直して長く乗りたいですけど、でも新しい車に乗るのもワクワクするんで、ついつい雑誌やWEBは見ちゃいます。

 



【 最後にPRです! 】

みなさんも車を運転するにあたって「自動車の任意保険に加入」していると思います。

でも、じつは「自動車保険は会社によって保険料が全然違う」ということをご存知でしょうか?

自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」では、一度の入力で複数の保険会社から見積もりが届きます。

  • 見積もりは1週間以内に「メール」もしくは「郵送」でご連絡!
  • しつこい電話勧誘などは一切なし!
  • 安心の実績!利用者数は400万人を突破!

自動車保険の新規加入! もしくは満期の連絡が来たら保険料を安くするチャンスです!

利用しない理由はありません!





おすすめ記事 と スポンサーリンク



-車の購入売却

Copyright© くるまいこドットコム! , 2019 All Rights Reserved.