自動車整備士と営業マンが監修するクルマ情報ブログ

くるまいこドットコム!

車検・整備修理

ボンネットが開かない!閉まらない!原因と対処法を解説するよ

投稿日:

こんにちは!

自動車整備士のまいこです!

突然ですが、みなさんは「ボンネットの開け方」はご存じですか?

「そんなこと知ってるよ」という声が聞こえてきそうですが、通常は車内にあるレバーを操作すれば「ガチャン」という音と共にボンネットが半開きになりますよね。

でも、この操作を行ったのに「ボンネットが開かない」と、ちょっと焦りませんか?

 

また、開けたのは良いけど「ボンネットが閉まらない」というのも困ります。

ボンネットが閉まらない状態で走行すると「走っている最中に突然ボンネットが開くこともある」のでとても危険です。

ただ、どちらの症状も部品交換が必要なケースもありますが「自分でなんとか出来る」こともあります。

というわけで、今回は「ボンネットが開かない時、閉まらない時の原因と対処法について」お伝えしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ボンネットが「開かない」時の原因は?

まず、車のボンネットが開かない時の原因として多いのが「ロックする部分(キャッチ)」と「付け根の部分」が錆びや経年劣化によって作動不良になってしまうケースです。

通常は室内のボンネットを開けるレバーを引っ張ればボンネットが少し浮く動作をします。

しかし、どちらの部分も動きが悪くなると「室内のレバーを引いてもボンネットがピクリともせず」開ける事ができなくなります。

まいこ
では、この時の解決策として自分で何か出来る事はないのでしょうか?

 

ボンネットが開かない時の解決策!

自分でも出来る対処法として「ロックする部分」と「付け根の部分」の両方に潤滑剤(CRC)などを吹き付けて下さい。

ほとんどの場合はこれで解消できると思います。

 

また、それでも開かない場合は誰かに手伝ってもらい

  1. 1人が室内のボンネットを開けるレバーを引っ張り続ける
  2. もう1人がボンネット自体を上に持ち上げるように力をかける

と、開ける事ができます。

もし1人しかいないのであれば「室内のボンネットを開けるレバーを引っ張りながら、ボンネットの付け根部分を手で衝撃を与えてあげる」とボンネットが浮き上がります。

この時に手のひらでバンバンするのではなく「軽くこぶしを握って小指側の方で叩いてあげる」と、ボンネット付け根部分にピンポイントに衝撃が与える事ができるので開きやすくなります。

 

田中さん
キャッチの動きが悪いのであれば上記方法で改善されますが「キャッチが壊れていたら部品交換するしかない」ですよ。

 

ボンネットのワイヤーが伸びている可能性も!?

あともう1つは「ボンネットオープナーケーブル(ワイヤー)」に不具合があるケースです。

 

ワイヤーも経年劣化で伸びが出たりすれば、いくら車内から引っ張ってもキャッチのロックが外れません。

ワイヤーが伸びている時の症状は「車内のレバーを引っ張った時の手ごたえが緩い」と思います。

この場合は部品交換となりますが、修理費は工賃と合わせて1万円くらいです。

 

スポンサーリンク

 

ボンネットが「閉まらない」時の原因は?

ボンネットが閉まらない場合は「考えられる原因が2つ」あります。

まず1つがロック部分の錆びや経年劣化により動きが悪くなる動作不良。

もう1つが長年の使用や何かしらの衝撃で「ロック部分が下方向にズレて」しまい、より深く閉めないとロックがされない場合です。

 

どちらの場合も通常よりも強く閉めたりしないと閉まらなかったりします。

まいこ
ロック部分が下にズレている場合は、ボンネットの閉まりきった位置が「他のボディ部分よりも凹んで見える」という特徴があります。

 

ボンネットが閉まらない時の解決策!

動作不良の対処法は潤滑剤などを吹き付けて何度かボンネットを開け閉めしてあげれば簡単に解消できます。

もう1つのロック部分のズレを解消するには「ロック部分(キャッチ)を取り付いているボルトの調整が必要(3カ所程度)」です。

 

全てのボルトを緩めてキャッチを動かせる状態にして上方向に調整してあげます。

あまり上方向にずらし過ぎると、今度はボンネットを閉めた時に「浮いているような状態になる」ので注意して下さい。

何回か開け閉めを繰り返して、ちょうど良い位置でロック部分を調整をして下さいね。

まいこ
車種によってはグリルを外さないと工具が入らないこともあります!

 


 

冒頭でもお伝えしましたが「ボンネット半開き状態で走行すると突然開く」可能性があります。

急に前が見えなくなって危険ですから、ボンネットが閉まらないのも甘く考えないようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「ボンネットが開かない時や閉まらない時の原因や対処法について」ご紹介してきました。

内容のおさらいをすると、

  • ボンネットが開かない …  ボンネットの付け根とロック部分の作動不良、ワイヤーの不具合
  • ボンネットが閉まらない … ロック部分の作動不良、または下にずれている

などが原因と考えられますが、多いのは錆びや経年劣化による作動不良です。

この場合は車内のレバーを引きながらボンネットを持ちあげると開いたりしますので、その後は潤滑剤などで開閉がスムーズになるようにしておくと安心です。

 

ただ、純粋にワイヤーなどの部品の不具合の可能性もあります。

部品自体に問題があるのであれば、完全に壊れてボンネットが開かなくなる前に早めに交換しておきましょう。

以上「ボンネットが開かない!閉まらない!原因と対処法を解説するよ」でした。

 



【 最後にPRです! 】

みなさんも車を運転するにあたって「自動車の任意保険に加入」していると思います。

でも、じつは「自動車保険は会社によって保険料が全然違う」ということをご存知でしょうか?

自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」では、一度の入力で複数の保険会社から見積もりが届きます。

  • 見積もりは1週間以内に「メール」もしくは「郵送」でご連絡!
  • しつこい電話勧誘などは一切なし!
  • 安心の実績!利用者数は400万人を突破!

自動車保険の新規加入! もしくは満期の連絡が来たら保険料を安くするチャンスです!

利用しない理由はありません!





おすすめ記事 と スポンサーリンク



 

-車検・整備修理

Copyright© くるまいこドットコム! , 2019 All Rights Reserved.