自動車整備士と営業マンが監修するクルマ情報ブログ

くるまいこドットコム!

車検・整備修理

ABSランプが点灯!つきっぱなしや消えた場合はどうすればいいの?

投稿日:

こんにちは!

自動車整備士のまいこです!

先日、女性のお客様が「ABSランプが点灯している!」と心配そうに来店されました。

ABSの役割を簡単に説明すると「急ブレーキした時にタイヤがロックしてスリップをしないように制御してくれる」装置です。

そんなABSの警告ランプが点灯したとなると少し不安に感じますよね。

 

ただABSの役割は「あくまで補助的なブレーキ操作」になるので、例え警告灯が点灯したとしても普通に走行する上で大きな支障はありません。

とはいえ、ABSランプが点灯しているということは「急ブレーキなどの緊急時に正しく作動してくれない」という恐れもあります。

そんなABSランプですが、

  • 点灯したまま
  • 点灯したけど消えた

という2パターンがあります。

今回はそれぞれの状況で考えられる原因について解説していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ABSのランプ(警告灯)が「つきっぱなし」の場合はどうする?

ABSのランプがつきっぱなしとなる原因で多いのは「ABSセンサー」と「ABSモジュール」です。

ABSセンサーは各4輪に取り付けられている部品で、ABSモジュールはエンジンルーム内にある配管などが多数出ている部品です。

故障になる原因で考えられるのは、

  • 走行中に何かしらの衝撃でABSセンサーが破損・断線した
  • 経年劣化。もしくは製品が悪い場合(リコール対象)

などが考えられます。

 

自分で何かできることはあるの?

警告灯がつきっぱなしになっても個人で何かできる対応というのはほとんどなく、点検するにしても「コンピューター診断機」が必要になります。

唯一できるとしたら急ブレーキや悪路などを避けるようにして修理工場へ早めに持ち込むことくらいでしょう。

またABSランプが点灯した場合の修理費ですが、まず診断料で5,000円前後が掛かります。

そしてABSセンサーの交換であれば1個15,000円前後。

ABSモジュールは高額になりやすく10~20万円といった部品になる場合が多いです。

田中さん
どのディーラーでも診断機を使用する場合は「診断料が発生する」のが一般的です!

 

ABSランプを消す方法って無いの?

ABSランプの点灯は何かしらの異常信号を拾いあげると点灯するもので、その後も「正常な信号を拾うまでは点灯し続ける」場合がほとんどです。

簡易的な消去の仕方としては、

  • エンジンを一度消して再始動すると一時的に消える場合がある
  • コンピューター診断機(OBDタイプ)などで一時的な消去する
  • OBD以外の古いタイプでは短絡またはヒューズを抜く

でも消去はできますが、あくまで一時的な消去になります。

結局、根本的な故障原因が改善されていないと「またABS系統の異常信号を拾い上げてしまう」のでABSランプが再点灯する可能性が高いです。

まいこ
ABSセンサー系の不具合は「走行しないと異常信号を拾わない」ので必ずテスト走行が必要になります!

 

つまりABSランプがつきっぱなしの場合は、故障の原因部分を追及して部品修理や交換をするしか消去方法はありません。

ABSランプ点灯は車検不合格となるので車を乗り続けていくには、やはり適切な修理が必要となります。

 

スポンサーリンク

 

ABSのランプ(警告灯)が「ついて消えた」場合はどうする?

ABSランプが点灯して消えた場合にもいくつか原因が考えられます。

  • ABSに関する部品の不具合
  • 配線の接触不良
  • バッテリーの電圧低下

 

点灯して消えても「再度点灯する」ようであれば整備工場で点検を受けた方が良いですし、出来れば消えたとしても「故障を起こす前のサイン」かもしれませんから、念のため点検を受けた方が安心です。

まいこ
ABSはリコール対象にもなっている事が多いので修理依頼する前にはディーラーで確認した方が良いですね!

リコールの通知を忘れてた!ディーラーに出す期限ってあるの?

 

また、急ブレーキを践んだ場合にタイヤが空転したりスリップした状態になるとABSランプが点灯することがあります。

この場合は正常なABSの反応なので特に問題ありません。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「ABSランプが点灯した状態や消えた場合の原因や対処」について解説してきました。

まずABSランプが点灯すると「ブレーキ関係のトラブル!?」と思って慌ててしまいそうですが、ABSランプが点灯しても基本的には走行する上で支障はありません。

またABSランプ点灯原因に部品的なトラブルもありますが、運転中に急ブレーキを踏んでもABSランプが点灯することはあります。

とにかく慌てずにディーラなどの整備工場で点検を受けるようにしましょう。

 

また、こういった車の警告灯が点灯するとビックリしますが「緊急度は色で判断できる」ようになっています。

  • 「赤」 … 危険な状態。ただちに停車して修理が必要
  • 「黄」 … 異常のお知らせ。走行を控えて整備工場で点検
  • 「緑(青)」… 安全な状態。

とりあえず「赤はすぐに止まらないといけない!」ということを覚えておけば大丈夫ですよ!

以上「ABSランプが点灯!つきっぱなしや消えた場合はどうするの?」でした。

 



【 最後にPRです! 】

みなさんも車を運転するにあたって「自動車の任意保険に加入」していると思います。

でも、じつは「自動車保険は会社によって保険料が全然違う」ということをご存知でしょうか?

自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」では、一度の入力で複数の保険会社から見積もりが届きます。

  • 見積もりは1週間以内に「メール」もしくは「郵送」でご連絡!
  • しつこい電話勧誘などは一切なし!
  • 安心の実績!利用者数は400万人を突破!

自動車保険の新規加入! もしくは満期の連絡が来たら保険料を安くするチャンスです!

利用しない理由はありません!





おすすめ記事 と スポンサーリンク



 

祭りを楽しむまいこ

-車検・整備修理

Copyright© くるまいこドットコム! , 2019 All Rights Reserved.