自動車整備士と営業マンが監修するクルマ情報ブログ

くるまいこドットコム!

車検・整備修理

レギュラー車にハイオクを入れる!メリットや費用対効果を考えてみた

投稿日:

こんにちは!

自動車販売スタッフの田中です。

田中さんあいさつ

突然ですが、みなさんは「レギュラー車にハイオクを入れるとどうなるのか」ご存知でしょうか?

私のお客様にレギュラー車にハイオクを入れ続けている方がいらっしゃるのですが、当然メリットがあると考えて入れ続けています。

解説する田中さん

 

結論から言えば、レギュラー車にハイオクを入れるメリットは「ゼロではない」です。

ただ、具体的にどういったメリットなのか?

またレギュラーガソリンよりも「1Lあたり10円くらい高いハイオクを入れ続ける費用耐効果」も気になる所だと思います。

というわけで、今回は「レギュラー車にハイオクを入れるメリットやデメリット」についてお伝えしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

レギュラー車にハイオクを入れるメリットは少ない!だけど…

まずレギュラー車にハイオクを入れる事により「パワーが出る」とか「燃費が良くなる」というメリットは期待できません。

逆にハイオク車にレギュラーを入れればパワーダウンは起こりますが、レギュラー車にハイオクを入れてもパワーアップは見込めません。(詳しくは後述します)

 

田中さん
但し、メリットは全くないのかというと「ハイオクにはエンジンの洗浄作用のある添加剤」が含まれています。

これにより、エンジン内部の汚れが取れてパワーや燃費が改善され新車の時に近づく事は考えられます。

車はエンジンを動かしていると、ガソリンやエンジンオイルが燃え残りがエンジン内部に付着して汚れがたまると「エンジン性能の低下」や「燃費の悪化」に繋がるので洗浄効果はハイオクを入れるメリットと言えそうです。

 

レギュラー車にハイオクを入れると洗浄効果がある!?

マイケル
レギュラー車にハイオクを入れることでエンジン洗浄の効果を見込めるのであれば、結局ハイオクを入れた方が良いのでは?

と、思うかもしれません。

しかし、レギュラーとハイオクでは「1Lあたり約10円の差」があります。

その価格に対する費用対効果を考えると「ハイオクを入れるよりも燃料添加剤を使用した方が良い」でしょう。

 

また、ハイオクにしても添加剤にしても「一回の使用で劇的に変化する訳ではない」ので、どちらも長い目で見る必要があります。

結局レギュラー車にハイオクを入れても理屈ではメリットもありますが「効果を体感するまでには至らない」でしょう。

ただ、逆にハイオク車にレギュラーを入れるデメリットはあります。

 

スポンサーリンク

 

ハイオク車にレギュラーを入れるデメリットは?

レギュラーとハイオクの違いに「洗浄剤の有無がある」ことをお伝えしましたが、もう1つ「オクタン価」も違います。

ハイオク車にレギュラーを入れるデメリットは、このオクタン価にあります。

 

オクタン価が違うとどうなる?

まずオクタン価が高い「耐ノック性が高い」という事になります。(耐ノック性が高いとノッキングを起こしにくくなります。)

ノッキングとは、ガソリンを燃焼させるタイミングでは無い時に燃焼してしまい「カリカリ」と音をたてながらエンジンに負担をかけてしまう爆発の事を指します。

また、ガソリンエンジンは点火時期を早めたり圧縮比を上げたりすると効率良くパワーを出せるのですが「やり過ぎるとノッキングが発生」します。

  • レギュラーガソリン … 89.0以上(オクタン価)
  • ハイオクガソリン … 96.0以上(オクタン価)

そこでハイオク車は効率よくパワーを出せるように「ノックセンサー(ノッキングしないギリギリの所で制御する)」が付いています。

ハイオク車にレギュラーガソリンを入れると「ハイオクに比べてノッキングしやすい」ですから、センサーでノッキングしないように制御するためパワーダウンします。

 

田中さん
ただ、これもノックセンサーが作動しないような街乗り程度ではパワーダウンも何もないと言えます。

また、レギュラー車に関してはハイオクを入れても「制御が組み込まれている訳ではない」のでパワーアップは見込めません。

 

スポンサーリンク

 

レギュラーとハイオクを混ぜると壊れるって本当?

「レギュラーガソリンとハイオクを混ぜると車が壊れる」という話を聞いたことがある方もみえるかもしれません。

たしかに有鉛ハイオクと無鉛ガソリンを混ぜてはいけないと言われていたこともありますが、現在はハイオクも無鉛ガソリンになっていますので混ぜても故障する事はありません。

但し、ハイオクの性能として、

  • オクタン価が下がる
  • 洗浄効果が弱まる

ということは考えられますが車が故障するには至りません。

 

マイケル
ちなみに海外ではガソリン代に合わせて「レギュラーとハイオクをブレンドする」こともあるそうですよ。

 

おわりに

いかがでしたか?

今回は「レギュラー車にハイオクを入れるメリット・デメリット」について解説してきました

田中さんあいさつ

話の内容をおさらいすると、

  • ハイオクは「耐ノック性と洗浄効果」でレギュラーガソリンよりも優れている
  • 但し費用対効果を考えれば「燃料添加剤」を入れた方が良い
  • レギュラー車にハイオクを入れてもパワーアップしないが、ハイオク車にレギュラーはパワーダウンが起こる

などがありました。

 

レギュラー車にハイオクを入れてもデメリットがあるわけではないですが、費用の割にメリットが少ないです。

でも冒頭のお客様のように、車好きであれば愛車にハイオクを入れてあげたくなる気持ちは分かります。

ただ私も車は好きですが、ガソリンは近所の安売り王で大体入れますけどね。

以上「レギュラー車にハイオクを入れる!メリットや費用対効果を考えてみた」でした。

 



【 最後にPRです! 】

みなさんも車を運転するにあたって「自動車の任意保険に加入」していると思います。

でも、じつは「自動車保険は会社によって保険料が全然違う」ということをご存知でしょうか?

自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」では、一度の入力で複数の保険会社から見積もりが届きます。

  • 見積もりは1週間以内に「メール」もしくは「郵送」でご連絡!
  • しつこい電話勧誘などは一切なし!
  • 安心の実績!利用者数は400万人を突破!

自動車保険の新規加入! もしくは満期の連絡が来たら保険料を安くするチャンスです!

利用しない理由はありません!





おすすめ記事 と スポンサーリンク



 

花畑とまいこ

-車検・整備修理

Copyright© くるまいこドットコム! , 2019 All Rights Reserved.