自動車整備士と営業マンが監修するクルマ情報ブログ

くるまいこドットコム!

車検・整備修理

水没した車は復活できる?どれくらい水に浸かったかで考えてみよう!

更新日:

こんにちは!

自動車整備士のまいこです!

最近、頻繁に大雨などの災害ニュースを目にしますね。

そんな時に注意したいのは、車の水没です。

テレビドラマや映画、ニュースでしか見たことのない車の水没事故だから「まあ自分には関係ないだろう」と安心している場合ではありません。

じつは、水没事故は昔に比べてずっと起きやすくなっているのです!

ここ数年はゲリラ豪雨など短時間に局地的に集中する豪雨がニュースなどでもよく取り上げられていますが、実際に気象庁がまとめたデータをみると、年を追うごとに頻度が増えているのが分かりますね。

参照元気象庁 | アメダスで見た短時間強雨発生回数の長期変化について

ついさっきまで晴れていたのに突然豪雨に見舞われたなんて経験、みなさんもありますよね?

車が水没しないことに越したことはありませんが、万が一冠水している道路を走ることになったら、どれくらいの水没だったら車は復活できるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

水没した車はどれくらいなら復活できる?

水没の程度にもよりますが、修理が出来ないということはありません。

被害が小さければよいですが、水没は普通の事故と違い、電気系統の故障や泥の入り込み、サビなどメンテナンス箇所が多くなり修理費用が高くなりがちです。

また、水没被害では後々に異臭やカビが出てくることが多いので、車内への浸水があった場合はクリーニングが必要です。

そのため浸水が車内にまで及んでいる場合、修理費と現在の車の価値を考えて車を買い替える人の方が多いです。

以下、参考に水没者の復活レベルを作ってみました。

 

レベル1:タイヤが浸かる

車にとっての水被害を考える時、大きくは吸気系・排気系・電気系統へのダメージです。

タイヤがつかる程度であれば、直接的にはこれらに影響があることは少ないです。

レベル2:マフラーに浸水する

タイヤは充分に浸っていてもバンパーより下で、走行しても車内には水が入って来ないレベルであれば、車体本体は大丈夫だと思いますが、気を付けなければならないのはマフラーです。

マフラーが浸水しているとエンジンの排気ができず、やがてはエンジンの故障に繋がります。

レベル3:ドアよりも深く浸かる

水位がドアよりも上になると当然車内にも水が入ってきますので、運転どころではなくなります。

またフロアに配された電気系統にも支障をきたしますのでエンジンをかけることさえ危険です。

さらにエンジンルームが浸水した状態でエンジンをかけると、吸気系に水が入り込みますのでこのレベルの水没になるともう諦めるしかありません。

もしも「水没しそう」になったらどうする?

水没被害はいつ起こるか分かりません。

ひょっとすると運転中かもしれませんし、駐車中に浸水していたなんてこともあります。

それぞれの場合の対応法について説明します。

 

運転中の場合は?

ドライブ中に排水溝が氾濫して道路が水浸しになっている程度のことはしばしば起きえます。

これも水位がタイヤに浸かる程度であれば走行には影響ありませんが、予期せぬゴミや障害物が道路に流れ出ている可能性がありますので注意は必要です。

そして水位が床下でも車の動きや水ハネによって、マフラーに水が入り込む程度となれば運転は中止したほうが無難です。

それ以上の水位となる場合はすぐにエンジンを切って運転は止めましょう。

エンジンの故障のみならず漏電による感電の危険性もあります。

 

駐車中の場合は?

駐車している間に車が水没していた場合、これも水位のレベルによって同様の対応をしてください。

事前に予測が可能であれば、車を被害の少なそうな高台へ移動させた方がいいでしょう。

そして、完全浸水後の被害抑制のため窓は少し開けておいてください。

最近の車は気密性が高く洪水の場合は浮き上がってしまう場合がありますから、思わぬ二次被害に繋がりかねません。

 

スポンサーリンク

 

「水没してしまったら」どうする?

車が水没してしまったら悲しいですが、気持ちを落ち着かせて冷静に水没してしまった後について考えていきましょう。

まずはじめに保険は適応されるのか?」確認していきましょう。

任意保険の証券(内容)を確認

自動車保険は、

  • 強制加入となる「自賠責保険」
  • 加入は自己判断の「任意保険」

がありますが、自賠責保険には水没に対する補償などはありません。

自賠責保険は「自動車事故被害者の救済が目的」なので、対人事故の賠償損害が対象となります。

よって、万が一の水没時に対する補償を考えるなら任意保険への加入が必要です。

 

車両保険に加入しており、補償の範囲に水没が入っているか?

任意保険は

  • 対人…「人」に対する補償
  • 対物…「物」に対する補償
  • 搭乗者…「車の中にいた人」に対する補償
  • 車両…「車」に対する補償

など、補償の範囲が多岐に渡ります。

水没に対する補償については、任意保険の中の車両保険に加入しているかことが条件となります。

車両保険の中でも火災や水没などの自然災害やいたずらや盗難などは最も基本となる「一般補償タイプ」と、車との事故に限定された「車両限定タイプ」とに分かれており、水没が適用されるのは「一般補償タイプ」です。※各保険会社によって名称は変わります。

つまり、水没した場合「任意保険で車両保険の一般補償タイプに加入しているか」証券を見て確認してみましょう。

加入されているなら保険が適用できますから、まずは保険会社に連絡しましょう。

 

スポンサーリンク

 

水没車でも売れるのか?

水没車は、ディーラーや一般の買い取り業者では高く引き取ってもらえません。

というのは、ディーラーや買い取り業者は「転売が目的」だからです。

中古車を販売した後で修理個所が出てくればクレーム対応しなければいけないので、転売のためにわざわざ水没車を購入することはありません。

仮に引き取ったとしても「廃車して解体屋に出してしまう」ということで、逆に解体費用や抹消手続きの手数料を請求されることも少なくないでしょう。

 

しかし、最近では事故車や水没車でも買い取りしてくれる業者があり、解体屋でスクラップにしてもらうよりもお金になるので、そういった業者に買い取って貰う事が増えました。

また注目なのが、次に紹介する業者は一般の方でも直接対応してくれます。

おすすめの事故車・水没車の買い取り業者

私がお勧めする事故車・水没車の買い取り業者は、「TAU(タウ)」です。

事故車・水没車でも買い取り!TAU<タウ>

「TAU(タウ)」は、事故車買い取り業者では業界最大手で、

  • 無料出張査定
  • 名義変更手数料も無料

ですから、引き取ってもらうのにお金を支払う事はありませんから安心です。

さらに、仕事柄いろいろな事故車や水没車をいくつもの業者に値段を出してもらっていますが、タウは安定して高値を提示してくれています。

とくに一般の方だと「すごく安い金額だったら…」という不安もあると思いますし、だからといって「複数の業者に時間をかけて相見積もりをとるのも時間の無駄と感じる」という方には、とくにお勧めです。

 

なぜ「TAU(タウ)」は高値提示が可能なのか?

なぜタウが事故車を水没車でも安定して高値で買い取りしてくれるのか、私の地域を担当している営業の方に聞きました。

ずばり、タウが運営する会員制オークションを持っているからだそうです。

タウのオークションは一般のオートオークションとは違って、事故車や水没車を修理して販売したり、パーツ取り用に購入する業者が多く参加しているそうです。

その中には海外の業者も会員になっているため、車種によっては事故だろうが長距離走っていようが関係なく人気があります。

またオークションを開催する会社ですから出品車を集める必要があるので、転売の差額で利益を上げることよりも台数確保を優先させるために高値買い取りしているのかもしれませんね。

オークション会員からの会費や手数料が発生する分、他の買い取り会社よりもやはり有利だと思います。

一括査定で相見積もりするのも面倒な方は、TAU<タウ>に連絡してみては?

 

 

まとめ

水没車についてお話してきましたが如何でしたか?

じつは、私も実際に水没被害にあったことがあって、その時は車内まで浸水することはなかったのですが、マフラーまで水没して水がエンジンにまでまわってしまい修理するのに30万円しました。

当時の心境を振り返ると、車が壊れたのもショックでしたが、なによりも30万円という修理費が悲しかったです。

 

マイケル
私は車が水没した事はありませんが、運転中に水が車に入ってきたらパニックになりそうですね。
まいこ
当時は記録的な豪雨だったんだけど、あっという間に道路が水に浸かって。坂道なんて、まるで川のようになっていたわ。
マイケル
道路が川のようにって…。ちょっとオーバーじゃないんですか?
まいこ
本当にすごかったのよ!坂道の水の流れが強いからおばさんが足をとられて流されそうになっていたのをみんなで助けたりしたんだから!…マイケルさん。何笑ってるのよ!本当におばさん助けたんだからね!

 



【 最後にPRです! 】

車の一括査定で心配なのは、たくさんの業者から一度に電話が掛かってくるとこと。

でもローラさんでお馴染みの「ユーカーパック」は、

  • 営業電話が来ない
  • 個人情報が流れない
  • 査定は自宅(出張査定)か提携ガソリンスタンドで1度のみ

それに2000社が参加するオークション形式だから車が高く売れる可能性があります!

愛車を高く売りたい方は試してみてね♪>/


おすすめ記事

1

いらっしゃいませ! 現役自動車営業マンの田中です! 突然ですけど、新車を購入する時は1円でも多く値引きしてもらいたいですよね? 私は営業マンなので出来れば値引きは抑えたいのが本音ですが、なかには「値引 ...

2

こんにちは! 現役の自動車整備士まいこです! 突然ですが、あなたは新車を購入するとき「インターネットの情報」をどこまで信用していますか? 私もそういったサイトを見るのが好きなので、ついついネットサーフ ...

3

いらっしゃいませ! 現役自動車営業マンの田中です! 今回は「中古車購入の注意点」についてご紹介したいと思います。   みなさんは自動車だったら新車も中古車も値引き交渉は一緒と思っているかもし ...

-車検・整備修理

Copyright© くるまいこドットコム! , 2018 All Rights Reserved.