自動車整備士と営業マンが監修するクルマ情報ブログ

くるまいこドットコム!

車検・整備修理

スマートキーの電池交換をダイハツ車で!写真だからわかりやすい!

更新日:

こんにちは!

自動車整備士のまいこです。

 

突然ですが、あなたは車のスマートキーの電池が切れて困ったことはありませんか?

私が働いている会社では、毎週のように電池交換のお客さんがいらっしゃいます。

最近の車だと電池が少なくなると警告ランプがスピードメーターに点灯する仕様になているのですが、スマートキーが出たばかりの頃には警告してくれる機能が備わっていなくて、「電池が無くなってみないとわからない」という車も少なくありませんでした。

スマートキーは鍵を差し込んでエンジンをかける事が出来ないため、電池が完全に無くなると本当に困ります。

スマートキーの電池残量確認

 

そんなスマートキーですが、じつは自分でも簡単に電池交換が可能なんです。

ちなみに電池はコンビニでも売っている一般のボタン電池です。(品番だけ注意!)

というわけで、今回は「写真で詳しくスマートキーの電池交換の方法について解説していきます!

でも、その前に「キーレスエントリー」と勘違いしてはいけないので念のため簡単にお話しますね。

 

スポンサーリンク

 

車のスマートキーは「鍵付きのキーレス」とは別モノです

少し前だと車の鍵は「キーレスエントリー」が主流でした。

写真のように鍵の部分がむき出しのタイプですね。

キーレスエントリー

電波で車のドアの開け閉めも出来るし、鍵穴で開けることも出来ます。

また、エンジンをかけるのも鍵の部分です。

 

これに対して「スマートキー」とは、鉄板の鍵が付いていない鍵です。

※厳密には、緊急用の鍵(エマージェンシーキー)があります。

スマートキー

ドアを開けるのも、エンジンをかけるのも電波を飛ばします。

車側も差し込む鍵穴の部分が無いので、エンジンをかける時もプッシュボタン(など)になります。

 

エンジンスタートボタン

スマートキーだと、ドアを開ける時も”わざわざ鍵を取り出す必要が無いので便利”です。

車の外ハンドル・開閉ボタン

ちなみに、写真の車は「ダイハツ キャンバス」です。

 

スポンサーリンク

 

スマートキーの電池交換の方法(ダイハツ・キャンバス)

お待たせしました!

ではスマートキーの電池交換の方法について解説していきます。

まずは「ダイハツ キャンバス」のスマートキーを見ていきましょう。

電池交換の時に困りそうなポイントに分けて「実際の写真」で説明しますからわかりやすいですよ。

※ちなみにメーカーによってスマートキーの名称は違います。ダイハツは「キーフリーシステム」と呼びますが、このサイトではスマートキーで統一します。

チェックポイントを解説するまいこ

1.エマージェンシーキーを外す

まずは、緊急用のエマージェンシーキーを外します。

スマートキー電池交換方法1

ちなみにエマージェンシーキーとは「ドアを開けるだけの鍵」です。

エマージェンシーキーでエンジンをかけることは出来ないのと、ドアを開けた場合に「セキュリティーアラームが鳴る」車種もあるので気を付けてくださいね。(セキュリティーアラームの解除方法は後述します。)

 


 

また本当はこの鍵の場合は、エマージェンシーキーを取り外す必要は無いのですが、他の鍵だとエマージェンシーキーを外さないとカバーが外せないタイプもあります。

今後エマージェンシーキーを外す機会もあると思いますので合わせて解説しておきます。

外し方は至って簡単で、画像の赤丸部分をスライドさせて鍵を引き抜けば取れます。

ダイハツ車に限らず他のメーカーでも大体同じです。

 

2、カバーを外す

このタイプですと「エマージェンシーキーを抜いた横」のところにヘコミがあります。

そこにマイナスドライバーを入れて捻るとカバーがパカッとが外れます。

スマートキー電池交換方法2

とくにネジで固定されているわけではないので、ドライバーを捻れば簡単に浮くと思います。

 

3、電池を交換する

スマートキー電池交換方法3

カバーを外すとボタン電池が出てきます。

ボタン電池は家電量販店やコンビニにも売っています。

ボタン電池もいくつか種類があるので適当に買わないように注意してください。

ちなみにキャンバスは「CR2032」です。

 

あとは、取外しと逆の手順でカバーなどを取り付けて完了です。

電池交換して、問題なければ開閉スイッチを押すと電波が飛んでいる確認で、点灯ランプが赤く光ります。

スマートキー電池交換方法4

 

スマートキーの電池交換の方法(ダイハツ・ムーヴラテ)

今までのスマートキーだとマイナスドライバーがあれば取外し可能でした。

しかし、なかには精密ドライバーが必要なタイプもあります。

ムーヴラテ電池交換方法1

ちなみにこのスマートキーは、ダイハツの平成20年式のムーブラテです。

 

1.エマージェンシーキーを外す

エマージェンシーキーはロックを横にスライドさせると解除されてエマージェンシーキーを取り外せます。

ムーヴラテ電池交換方法2

写真を撮影している関係で片手ですけど、スライドさせながら鍵を引き抜いてくださいね。

 

2、カバーを外す

カバーを外す際も、ロックの部分をスライドさせながら「ダイハツマーク側」のカバーを上にスライドさせると外せます。(これは分かりにくいところです)

ムーヴラテ電池交換方法3

親指でスライドさせるように押すとカバーが滑ります。(ロックを解除しながら!)

 

3、電池を交換する

カバーを外すと、かなり小さいネジでカバーが固定されています。

こちらはメガネのネジを外すような精密ドライバーが必要です。

「精密ドライバーなんて持ってない」という方も一度100円ショップを覗いてみてください。

私の近所の100円ショップでは精密ドライバーも売っていました。

ムーヴラテ電池交換方法4

4か所のネジを外せばボタン電池が出てきます。

ムーヴラテ電池交換方法5

小さいネジで「失くすと発見が困難」なので注意して下さい。

こちらのボタン電池の種類は「CR2032」です。

 

スポンサーリンク

 

スマートキーの電池交換の方法(トヨタ・プリウス)

別のパターンとして、トヨタのプリウスでも解説します。

ちなみにダイハツはトヨタの子会社です。親玉登場ですね。

プリウス電池交換方法1

 

1.エマージェンシーキーを外す

「PUSH」と書いてある箇所を指で押さえれば、エマージェンシーキーが引き抜けます。

3パターンのスマートキーを見てきましたが、エマージェンシキーは大体こんな感じです。

プリウス電池交換方法1

写真を撮影する関係上、片手でやってますけど「PUSH」を押しながらエマージェンシーキーを引き抜いてくださいね。

 

2、カバーを外す

プリウス電池交換方法3

先のキャンバスと一緒でマイナスドライバーで捻るとカバーが外れます。

 

3、電池を交換する

カバーを外すと、パッと見た感じでボタン電池が見当たりません。

プリウス電池交換方法4

このタイプは、左側の基盤を外すと裏側にボタン電池が付いています。

基盤は特に固定されているわけではなく、そっと乗っているだけなので簡単に取れます。

プリウス電池交換方法5

ちなみに、こちらのボタン電池の種類は「CR1632」です。


 

スマートキーの交換ですが、どれもさほど難しくありません。

マイナスドライバーや精密ドライバーがあれば簡単に電池交換可能です。

スマートキーは電池が無くなると「車のエンジンを掛けられない」ので、自分でスマートキーの電池交換が出来れば安心ですね。

 

 

スマートキー関連のトラブル

さて、今回はマイケルさんは旅行先でスマートキーの電池が無くなったわけですが、他のお客さんからは、

  • 車で出かけようとしたらドアが開かない
  • ドアは空いたけど車のエンジンがかからない

というようなトラブルで電話をもらうことがよくあります。

車のドアを開けるだけであればエマージェンシーキーで開けることは可能です。

 

ですが、スマートキーの電池残量がゼロだとエンジンは始動しません。

とはいえ、電池も急に残量ゼロになるわけではありません。

電池が切れてすぐであれば、エンジンのスタート・ストップボタンにスマートキーを近づけることでエンジンがかかる可能性があります。

電池が少なくなった時の対応

エンジンのスタート・ストップボタンにはセンサーがあり、センサーと交信できればエンジンは始動するので、一度スマートキーをボタンに近づけてエンジンをスタートさせてみましょう。

 

スマートキーの電池の寿命

電池の寿命は使用頻度によります。

車種によっては近づくと勝手にドアが開閉するタイプもあるので、その場合は1年くらいで電池切れになる場合もありますが、平均して2年くらいが電池の寿命です。

スマートキーの電池残量が少なくなると教えてくれる車種であればよいですが、そうではない場合は車検時や12か月点検などで合わせて電池交換しておいてもらうと安心ですね。

 

エマージェンシーキーでドアを開ける時の注意点!

ドアを開けるだけであれば、エマージェンシーキーで開けることは可能ですが、注意したいのは「セキュリティーアラーム」です。

車種によっては、鍵穴でドアを開けるとセキュリティーが盗難されたと勘違いして大音量のアラームを鳴らす場合があります。

基本的にセキュリティーアラームの解除は、エンジンをアクセサリーの状態にすれば解除されます。

しかし、スマートキーの電池残量がゼロの場合は、アクセサリー状態にすることも出来ません。

その場合は、アラームが自動で解除する数分間ほったらかしておくしかありません。

ですから、緊急でなければわずかな電池残量でエンジンが始動することにかけるよりも、きちんと電池交換することをお勧めします。

 

スマートキーでドアの施錠が出来ない!

今までは「ドアを開ける」「エンジンを始動させる」ことをメインに解説してきましたが、稀に「スマートキーでドアが施錠できない」という電話も頂きます。

その場合、最も多い原因は「半ドアになっている」ケースです。

とくにバックドアが半ドアになっていることが多いので、運転席、助手席のほかに後部座席のドア(スライドドアを含む)、バックドアがきちんと閉まっているか確認してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

では、最後に要点をまとめて行きますね!

挨拶するまいこ

スマートキーの電池交換の注意点!

  • 基本的にはマイナスドライバーがあればよいですが、精密ドライバーが必要なタイプもあるので注意!
  • ボタン電池は種類があります。先に確認してから買いに行きましょう!
  • エマージェンシーキーでドアを開けるとセキュリティーアラームが鳴る車種もあります!
  • 電池が切れてスグだったら、エンジンスタートのスイッチに近付けて始動させる価値有り!

 

やってみると案外簡単ですし、自分で出来ると緊急時でも安心なので、愛車のスマートキーの電池交換が出来るように一度トライしておくと安心ですね!

気を付けたいのは、小さいネジで固定されているタイプで、ネジを紛失してしまうことです。

「ネジ無くさないようにね!」って言ってもポロッと床に落として無くしてしまいます。

「押すなよ!押すなよ!」みたいなフリじゃないんですけどね。

…。

……。

以上です!!

 



【 最後にPRです! 】

車の一括査定で心配なのは、たくさんの業者から一度に電話が掛かってくるとこと。

でもローラさんでお馴染みの「ユーカーパック」は、

  • 営業電話が来ない
  • 個人情報が流れない
  • 査定は自宅(出張査定)か提携ガソリンスタンドで1度のみ

それに2000社が参加するオークション形式だから車が高く売れる可能性があります!

愛車を高く売りたい方は試してみてね♪>/


寛ぐまいこ

おすすめ記事

1

いらっしゃいませ! 現役自動車営業マンの田中です! 突然ですけど、新車を購入する時は1円でも多く値引きしてもらいたいですよね? 私は営業マンなので出来れば値引きは抑えたいのが本音ですが、なかには「値引 ...

2

こんにちは! 現役の自動車整備士まいこです! 突然ですが、あなたは新車を購入するとき「インターネットの情報」をどこまで信用していますか? 私もそういったサイトを見るのが好きなので、ついついネットサーフ ...

3

いらっしゃいませ! 現役自動車営業マンの田中です! 今回は「中古車購入の注意点」についてご紹介したいと思います。   みなさんは自動車だったら新車も中古車も値引き交渉は一緒と思っているかもし ...

-車検・整備修理

Copyright© くるまいこドットコム! , 2018 All Rights Reserved.