自動車整備士と営業マンが監修するクルマ情報ブログ

くるまいこドットコム!

カー用品 車検・整備修理

車のバッテリー交換費用は?ハイブリッドや標準車それぞれ調べました

更新日:

コンニチハ! 今年も元気だけが取り柄!

車が大好きなマイケルです!

挨拶するマイケル

ホント突然で申し訳ありませんが、話を聞いてもらえますか?

先日、私の家族が乗っているトヨタのプリウスをディーラーで車検に出したんです。

その時に「バッテリーも交換した方が良いよ」と言われてお願いしたんですけど、ハイブリッド車のバッテリーってもの凄く高いんですね。

プリウスのバッテリー(補機)で4万円でした。

Σ( ̄ロ ̄lll)

正直、高くても2~3万円かと思っていたので想像を超えてきましたよね。

 

最近は燃費の良い車として「ハイブリッド車」や「アイドリングストップ車」など色々ありますが、それぞれに専用バッテリーが搭載されています。

エコカーで燃費が向上するのはありがたいですが、ハイブリッドのようにバッテリー交換は高くなってしまうのでしょうか?

というわけで、今回は「車の性能に応じたバッテリーの交換費用の比較」と、合わせて「バッテリー交換費用をお値打ちに済ませる方法」についてご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

バッテリーの交換費用は?車種に応じて比べてみました!

まずバッテリーの交換費用の大半を占めるのは、当然バッテリー本体となります。

バッテリーは排気量の大きさなどで価格は大きく変わっていましたが、今では

  • 標準車(充電制御車)
  • ハイブリッド車
  • アイドリングストップ車

と大きく3つに分かれています。

それぞれのバッテリーの交換費用をみていきましょう。

解説するマイケル

標準車(充電制御車)のバッテリー交換費用は?

まず充電制御車と新しい言葉が出てきましたが、これはバッテリーへの充電をある一定値に達したら行わなうことでオルタネーター稼働に対するエンジン負担(ガソリン消費)を低減させるシステムを搭載している車のことです。

ちなみに最近の車では充電制御システムは搭載されているのが一般的になってきていますが、自分の車が充電制御車かどうか分からない方は、別途見分け方について解説した記事があるので参考にしてください。

充電制御車の見分け方!自分の車はどうなのか簡単に調べられるよ

 

では本題に戻りまして、ディーラーで標準車のバッテリー交換の費用は

  • 標準車(充電制御車)…7,480円~

という所です。

上記の価格は小型の40B19Lなどで、軽自動車やコンパクトカーで使用するサイズです。

バッテリーの交換費用は「サイズが大きくなるにつれバッテリー本体の価格が高くなる」ので、その点はご注意ください。

 

アイドリングストップ車のバッテリー交換費用は?

アイドリングストップ車もバッテリーには充放電を繰り返す過酷な環境となるので、きちんとアイドリングストップ車専用のバッテリーを搭載しなければいけません。

その場合、標準車のバッテリーよりも少し高くなりまして

  • アイドリングストップ車(軽自動車)…M-42 11,880円~

という所です。

M-42もサイズとしては小型で、軽自動車やコンパクトカーで使用するサイズです。

ちなみにアイドリングストップ車専用バッテリーは標準車(充電制御車)にも使用は可能です。

 

ハイブリッド車のバッテリー交換費用は?

ハイブリッド車は完全にハイブリッド車専用のバッテリーでないといけません。

というのも、ハイブリッド車のバッテリーは車内に搭載されているケースがあり、過充電の際に発生するガスを逃がす専用排気構造になっています。

ですから、バッテリー交換の工賃も割高に設定されており、トヨタのアクアで

  • ハイブリッド車(アクア)…27,000円~(補機バッテリー)

という所です。

これがプリウスになると40,000円くらいになるわけですが、これも排気量の大きさなどで搭載するバッテリーサイズが変わるからです。

 


 

ちなみに、上記のバッテリー交換費用はあくまで目安とお考えください。

先日、友人と話をしていたら「トヨペットはTOYOTA」だと思っていましたが、東京トヨペットや名古屋トヨペットはTOYOTAではありませんし、一緒の会社でもありません。

それぞれが製造メーカーから車を購入して販売している「別の会社」です。

ですから、修理費用もそれぞれの会社で異なりますのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

車のバッテリー交換費用を安く済ませたい!

「ディーラーでバッテリー交換を頼むと高いし自分で安く済ませられないものか?」ということであれば、自分で出来ないこともありません。

今はバッテリーもamazonなどで購入できますし、仮に自分で交換できなくても持込みで交換してくれるお店もあります。

というわけで、まずは安心して購入できるように「有名なバッテリーメーカー」をご紹介しましょう。

ジーエス・ユアサコーポレーション

カーバッテリーと言えば「GSユアサ」は老舗です。

旧日本電池と旧ユアサコーポレーションが2004年に統合したのですが、アクアで使用できるハイブリッド車専用バッテリーも安いですよね。

もし自分で交換出来ればディーラーの半額でバッテリー交換が可能です。

 

パナソニック

パナソニックの「ブルーバッテリー」は高機能ということで評判が良いです。

自分でバッテリー交換される方だと御用達ではないでしょうか。

サイズなどによって適合があるので確認して購入してくださいね。

 

自分で交換出来なくても「持込みOK」のお店があります!

 

参照元amazon

「バッテリー交換を安く済ませたいけど自分ではちょっと…」という方も、アマゾンで購入したカー用品を取付してくれるお店が日本全国47都道府県に対応しているので安心です。

詳しくは、アマゾンのカー用品取付交換のページ をご確認くださいね。

 

愛車のバッテリー交換を自分で行う時に注意したいポイント!

WEBでバッテリーも安く変えるなら「自分でバッテリーの交換にトライしようかな?」という方は、メモリーのバックアップはきちんと行ってくださいね。

最近の車はエンジンを切っている状態でも、ナビなどは待機電力を消費しています。

それがどういうことかというと、バッテリーを交換する(待機電力が切れる)際に設定がリセットされる恐れが出てきます。

落ち込むマイケル

そういった時に「バッテリーの代わりに車側に電力を送る」ことでバックアップをとる

こちらがあると安心です。

 

また使い方を解説している動画もあるので、以下を見ると分かりやすいですね。

(バッテリーを交換する方法も合わせて解説してくれています。)

ちなみに、この方は最後にECUの設定が初期化されてしまいましたが「自分でやるとこういうこともある」ので注意してください。

やっぱり心配だなと思ったらお店に持ち込んだ方が安心ですね。

 

使用済みのバッテリーは粗大ごみでは捨てれません!

そして自分でバッテリーの交換を行う時に注意したいのは「使用済みバッテリーの廃棄」です。

たまに粗大ごみの日に捨てられていることがありますが、バッテリーは粗大ごみでは処分できません。

ビックリするマイケル

では一体どこで処分するのかというと「回収業者に引き取ってもらう」必要があります。

もしお店でバッテリーを購入したならお店で回収してくれますし、持込みで交換を依頼しても引き取ってくれるでしょう。

それらが難しい場合は「バッテリー回収 ●●県」などで検索すると回収業者がヒットします。

バッテリーは再利用(リサイクル)が出来るので、持込みであれば無料で回収してくれると思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「バッテリーの交換費用」について調べました。

挨拶するマイケル

最近の車は燃費性能が向上しているのは嬉しいですが、バッテリーなどのメンテナンス費用がアップするのが難点ですね。

でもディーラーだと結構高いバッテリー交換費用も、amazonなど自分で購入すれば随分費用を抑えることが出来ます。

ハイブリッド車だと「バッテリー交換をamazon提携店でお願いしても1万円は安く済む」ので正直ありがたいですよね。

 

まいこ
あら?マイケルさんはこれからバッテリーの交換は自分で行うようにするの?
マイケル
あくまで読者の皆さんに役に立つ話としてご紹介しただけで、私はまいこさん一筋ですよ!仮にバッテリー工賃が1万円でも、まいこさんに交換して欲しいです!
まいこ
じゃあ、お言葉に甘えてこれから1万円ね。領収書は切らなくてもいいかしら?
マイケル
え?いや、あくまで「まいこさん一筋」という気持ちを伝えたかったので1万円というのはアレですけど。…マジですか?

 



【 最後にPRです! 】

みなさんも車を運転するにあたって「自動車の任意保険に加入」していると思います。

でも、じつは「自動車保険は会社によって保険料が全然違う」ということをご存知でしょうか?

自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」では、一度の入力で複数の保険会社から見積もりが届きます。

  • 見積もりは1週間以内に「メール」もしくは「郵送」でご連絡!
  • しつこい電話勧誘などは一切なし!
  • 安心の実績!利用者数は400万人を突破!

自動車保険の新規加入! もしくは満期の連絡が来たら保険料を安くするチャンスです!

利用しない理由はありません!





おすすめ記事 と スポンサーリンク



 

祭りを楽しむまいこ

-カー用品, 車検・整備修理

Copyright© くるまいこドットコム! , 2019 All Rights Reserved.