自動車整備士と営業マンが監修するクルマ情報ブログ

くるまいこドットコム!

車の購入売却

プリウスPHVとHV(ハイブリッド)を比較!買うならどっち?

更新日:

いっらっしゃいませ!

自動車営業マンの田中です!

最近は街中でもハイブリッドカーや電気自動車をよく見かけるようになりました。

環境問題や燃料代の節約など、まさにエコロジー&エコノミーが支持を受けているようです。

そして、そういったエコカーのなかでも話題なのがPHV(プラグインハイブリッドビークル)です。

PHVというとトヨタのプリウスなど国産車がパッと思い付きますが、外車でもPHVは各メーカー発表されています。

日本だけでは無く、世界中で活躍しだしているPHV!

参照元トヨタ/プリウスPHV

ですが、同じエコカーとしてHV(ハイブリッド)もあります。

トヨタ・プリウスではPHVもHVもあるわけですが、ぶっちゃけどちらがお得なのでしょうか?

今回は次世代のエコカーPHVについての解説とPHVとHVを徹底比較してみました!

 

スポンサーリンク

 

時代とともに進化するエコカー

もはや誰もが知っているハイブリッドという言葉。

もともとは生物学で「異なる種類・品種を人工的に掛け合わせてできた交雑種」のことらしいです。

しかし、HV(ハイブリッド)に比べてPHVのことがよくわからないという方はかなり多いと思います。

というわけで、まずはPHVを含むエコカーの種類について確認していきしましょう。

 

早くプリウスPHVとHVの比較を知りたい方は、この記事の中盤くらいまでスクロールしちゃってください(笑)

HV(Hybrid Vehicle)

まずはご存知ハイブリッドカーです。

参照元トヨタ/HVハイブリッド

ガソリンを燃料とするエンジン走行を付属の電気モーターによってサポートすることによって、エンジン単体にくらべ飛躍的に燃費が向上しました。

しかし、動力のメインはあくまでもエンジンで、モーターは補助的な役割です。

そして、モーターの電力は走行中の運動エネルギーを電力に変換しているので、充電する必要はありません。

粗っぽい言い方をすると、「補助モーターが付いてガソリンの燃費効率が良くなった車」です。

 

EV(Electric Vehicle)

次にEV=電気自動車です。

参照元日産/NOTE e-POWER

こちらはエンジン自体が無く、完全に電力モーターだけで走ります。

ガソリンを燃焼しないので排気ガスは一切排出されず、完全なるエコカーであると言えます。

給油は必要ありませんが、家庭や専用スタンドで充電が必要です。

街中の専用スタンドもどんどん増えているので、以前に比べると乗りやすくなってきています。

また、日産のNOTE e-POWERは充電不要!走行充電が可能で爆発的な人気を誇っています。

HVコンパクトカー「アクア」との対決は注目です。

 

PHV(Plug-in Hybrid Vehicle)

今回のお話のメインとなるPHVはハイブリッドカーでありながら、家庭用コンセントも含めて外部より充電ができる仕様です。

参照元トヨタ/プリウスPHV

構造はハイブリッドですが、基本はモーターによるEV走行をメインとし、充電した電力がなくなれば自動的にエンジン走行に切り替えます。

よってガソリン給油も必要です。

電力での走行は各メーカーで様々ですが、新型プリウスPHVでは68.2km(JC08モード)走行可能です。

普段の買い物など、日常使いでは電気自動車として使用可能ですね。

 

PHEV(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)

メーカーによってはPHVをPHEVと呼ぶこともあります。

参照元三菱/アウトランダーPHEV

考え方の違いですが、PHEVはPHVをより電気自動車に近づけたものです。

あくまでも概念で言うと、PHVは充電した電力が無くなるとガソリンエンジン走行に切り替わりますが、PHEVはそのエンジン走行も発電による電力でサポートするハイブリッド走行となります。

つまりPHVとハイブリッド車のさらなるハイブリッドと言えるかもしれません。

ややこしいですね(笑)

 

EVとPHVのメリット・デメリット比較

PHVって「電気自動車とガソリン車(ハイブリッド)を合わせて割った感じなんだ」というのは分かると思いますが、じゃあ「EVとPHVってどうなの?」という疑問も出てくるかもしれません。

せっかくなのでPFVの理解を深めるために、EV(電気自動車)とPHVを簡単に比較します。

 

EV(電気自動車)のメリット・デメリット

エンジンが無いためガソリン給油が不要の電気自動車ですので、電気代はかかるにしてもガソリンよりは安く、圧倒的に燃料費を抑えることが出来ます。

充電には時間がかかりますが、家庭でも安い夜間電力を利用しコストをさらに抑えることが出来ます。

しかし、問題となるのが1回のフル充電による走行距離です。

車種によってバラツキがありますが、200km前後とガソリン車の比較になりません。

実際は大半の日本人は1日が200kmを走ることはあまりないので、日常生活に問題はないと思いますが、やはり遠出の場合は途中充電が必要となり、万が一充電が切れたときの不安は拭いきれません。

但し、日産のNOTE e-POWERなど新しいモデルも出てきていますので改良はされていくでしょう。

 

EVと比べるPHVのメリット・デメリット

その点で言うとPHVはガソリンエンジンを搭載しているので、充電が切れた際もその後はエンジン駆動で走行は可能です。

モーター走行だけでみると航続距離は電気自動車に劣りますが、その後エンジン走行できる安心感は強みです。

ハイブリッド車と比べても、エンジンは充電がなくなるまでは使用しませんので、ガソリンの節約という点で電気自動車同様のメリットがあります。

 

スポンサーリンク

 

トヨタ・プリウスPHVとHVの比較!

さて、ここから同じプリウスのPHVとHVを比較していきましょう。

まずは一番気になる「お金」について考えます。

車体価格

  • PHV・グレードS…3,261,600
  • HV・グレードS…2,479,091円

車両価格で同じ「グレードS」を見ていくとPHVとHVの価格は「約78万円」です。

但し、補助金が出るので実際は10万円~20万円はお値打ちに購入できるはずです。

※補助金は時期によっても変わります。詳しくは販売店や自治体にご確認ください。

ガソリン使用時の燃費は、JC08モードで37.2km/Lです。

JC08モードの燃費と実走行の燃費については、こちらの記事を参照していただきまして、おおよそ0.6を掛けて23km/Lでしょう。

実際に私はプリウスHVに乗っていますが、大体同じような数値です。

プリウスPHVのEV走行距離は68.2kmと現在販売されている他社メーカーのPHVを大きく引き離していますが、これもJC08モードでの測定値なので、0.6を掛けて約41km。

それをガソリンで計算すると約2L分です。

ガソリン1Lを130円として考えると260円。

仮に補助金10万円と考えて車体価格68万円とした場合でも、ガソリン1L/130円で計算するとPHVとHVの書体価格の差額で5230Lのガソリンが買えます。

ガソリン5230Lあれば、プリウスHVの実走行で5230×23=120290km走行できる計算になります。

つまり、プリウスPHVとHVの車両価格の差額を距離数で直すと120290km乗ってようやくゼロとなる計算になります。

さらに、充電も0円ではないので実際はもっとシビアな数字になりそうです。

 

新型プリウスのソーラーパネル

EVの電気を充電するのにも電気代は掛かりますが、新型プリウスPHVには「ソーラーパネル」を搭載したモデルもあります。

参照元トヨタプリウスPHV

太陽光で充電するので電気代は0円ですが、1日の発電は平均2.9km/日です。

つまり365円×2.9km=1058.5km

1年間で1058.5km…!

ガソリンで考えると1058.5km÷23km/L=約46Lの節約です。

46L×130円=5,980円

ちなみに太陽光パネルはメーカーオプションで、価格は280,800円です。

280,800÷5,980=約47

プリウスPHVのメーカーオプションの「ソーラーパネル」は約47年で元がとれる計算になります。

 

「お金」まとめ

プリウスPHVとHVを「お金」の面で考えると、はっきり言えばプリウスPHVを買うメリットが見当たりません。

プリウスHVの方が圧倒的にお値打ちです。

 

PHVのメリットは?

お金の面では圧倒的にHVでしたがPHVにもメリットというものもあります。

そちらについてみていきましょう。

災害時の電源システム

PHVのメリットは「電源システム」として活躍するところでしょう。

通常の車でもシガーソケットから電力使用は可能ですが、専用プラグが必要だったり数に限りがあるのでなかなか使いにくいものです。

その点、各メーカーが出しているPHV・PHEV車には車内に家庭用と同じ100Vコンセントが装備され、家と同じ感覚で電気製品が使えます。

また新型プリウスの場合は、最大1500Wの出力があり、これは冷蔵庫やテレビなどの家電製品を同時に使っても賄える出力です。

また、プリウスPHVが電力・ガソリンともに満タンの状態だと40kWhの電力量があります。

これは、一般家庭で使用する1ヶ月の電力量が300kWhとして考えると約4日分の電力量となります。

これは、車内泊をするような遠出やアウトドアレジャーはもちろんのこと、災害時の緊急電源として大きく活躍します。

この点はHVには無い「大きな安心」と言えますね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

新型プリウスPHVとHVを比較検討した場合、

  • お金を重視するなら「HV」
  • 災害時の電源として車以上の活躍を期待するなら「PHV」

と、言えるでしょう。

あくまで私の個人的な感想としては、PHVはコンセプトがわかりにくいと感じます。

「PHVって聞いたことがあるけど電気自動車?ハイブリッド?燃費が良いの?」というように詰め込み過ぎでよくわかりません。

販売側の立場で言えば「だったら燃費が良くて車体も安いハイブリッド」の方が勧めやすく、PHVはHVの当て馬になってしまいます。

 

マイケル
PHVというのは聞いたことがあるけど「具体的に何?」と言われるとピンと来ていませんでしたが、話を聞いてわかってきました。
田中さん
マイケルさんが言うように「PHVって聞いたことがあるけど電気自動車?ハイブリッド?燃費が良いの?」というように詰め込み過ぎてわかりにくいですからね。
マイケル
電気自動車でハイブリッドで燃費も良いのがPHVなんですよね。でも価格はHVと比較すると割高ということですね。
田中さん
そういうことです。販売側の立場で言えば「だったら燃費が良くて車体も安いハイブリッド」の方が勧めやすいというのはありますよね。
マイケル
う~ん。そう考えると、今はまだHVなんですかね?まだPHVは改良されていきそうなので、それからという気がします。
田中さん
災害時の電源システムなどの需要が高まればPHVは面白いと思いますけどね。車だけじゃない機能が求められるか?に掛かっていそうです。

 



【 最後にPRです! 】

車の一括査定で心配なのは、たくさんの業者から一度に電話が掛かってくるとこと。

でもローラさんでお馴染みの「ユーカーパック」は、

  • 営業電話が来ない
  • 個人情報が流れない
  • 査定は自宅(出張査定)か提携ガソリンスタンドで1度のみ

それに2000社が参加するオークション形式だから車が高く売れる可能性があります!

愛車を高く売りたい方は試してみてね♪>/


おすすめ記事

1

いらっしゃいませ! 現役自動車営業マンの田中です! 突然ですけど、新車を購入する時は1円でも多く値引きしてもらいたいですよね? 私は営業マンなので出来れば値引きは抑えたいのが本音ですが、なかには「値引 ...

2

こんにちは! 現役の自動車整備士まいこです! 突然ですが、あなたは新車を購入するとき「インターネットの情報」をどこまで信用していますか? 私もそういったサイトを見るのが好きなので、ついついネットサーフ ...

3

いらっしゃいませ! 現役自動車営業マンの田中です! 今回は「中古車購入の注意点」についてご紹介したいと思います。   みなさんは自動車だったら新車も中古車も値引き交渉は一緒と思っているかもし ...

-車の購入売却

Copyright© くるまいこドットコム! , 2018 All Rights Reserved.