自動車整備士と営業マンが監修するクルマ情報ブログ

くるまいこドットコム!

カー用品

ドライブレコーダーおすすめ徹底比較!機能もわかりやすく紹介!

更新日:

こんにちは!

自動車営業マンの田中です!

ここ数年で新車を購入される時から「ドライブレコーダー」を取り付ける方が増えてきました。

先日イエローハットに買い物に行った時に店員さんと話をしていたのですが、やはりカー用品店でもドライブレコーダーの売れ行きが飛躍的に伸びているようです。

もともとはトラックやタクシーなどの業者向けのアイテムでしたが、今では事故などのトラブル対応だけではなく、観光・レジャー用途までいろいろ使えるドライブレコーダーが多く販売されてします。

そのため最近では一般乗用車にもドライブレコーダーが普通に取り付けられるようになってきました。

 

しかし、電界製品のように機能が増えるのはありがたいですが「一体どのドライブレコーダーを選べばよいのかわからない」という人も同時に増えています。

というわけで、今回はドライブレコーダーの用途や機能について詳しく解説したいと思います。

価格もずいぶんと安くなり、購入を検討している方は必見ですよ!

 

スポンサーリンク

 

いろいろ使える!ドライブレコーダーの用途

いわゆる車載カメラとして業務運行状況の把握や事故などの検証記録を目的として使われていましたが、最近ではビデオカメラ感覚で使える身近なものも多くあります。

ドライブレコーダーがあれば何に役立つか?どう便利なのか?

ズバッとまとめてみました!

事故などの証拠・記録

ドライブレコーダーのまず一番の特徴として、事故をしたときの証拠記録です。

当事者同士の思い込みで話し合うとなかなかスムーズに決着が着きません。

でも記録映像が残っていれば、被害者となった場合は確たる証拠として使えますし、加害者となってしまった場合でも過失の度合いを引き下げられるかもしれません。

ドライブレコーダーを購入される一番の理由は、こちらではないでしょうか。

 

誤認検挙を防ぐ

交通事故よりもずっと身近に起こり得るのが、交通取り締まりです。

信号無視や踏切などの一旦停止など、警官に声を掛けられた経験がある方も多いのではないでしょうか?

そして最近問題となっているが、警察による誤認検挙です。

道交法を守っているのにもかかわらず、もしも警察に止められてしまった場合、これまでは泣き寝入りでしたが、証拠映像があればスムーズに回避することが出来ます。

 

安全意識の向上

レコーダーを搭載していることにより、「常に動画が残っている」という意識から、自然と安全運転に繋がるということもあるようです。

また動画を見直すことによって自分の運転について改めて考える(人によっては反省?)機会となり、安全意識が高まるという意見もあります。

 

行楽やドライブの記録

観光やドライブの記録としてビデオカメラ感覚で楽しめるのもドライブレコーダーの魅力です。

画像はマイクロSDカードに保存され、機種によってはHDMI端子を搭載しているものもあり、家庭の大画面テレビやモバイルでも気軽に見ることが出来ます。

 

おもしろ動画

最近ではドライブ映像や偶然取れたおもしろ動画をネットなどにアップされている方も多いようです。

常時録画のドライブレコーダーなら予期せぬレア動画やハプニング映像もしっかり保存できます。

人気動画となれば、意外な副収入になるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

標準から最新までドライブレコーダーの便利機能

次にドライブレコーダーの最新機能について紹介します。

ひと昔前のドライブレコーダーは延々と動画を撮り続けるだけのものでしたが、今では一般の方に拡まるにつれ、様々な便利機能が搭載されるようになりました。

メーカーによって呼び方は変わりますが、ご購入の際は是非参考にしてください。

モニター付き

モニター付きはもはや当たり前となっていますが、機種によってはフルハイビジョン仕様のものあります。

夜間に前方車のナンバープレートまで明確に読み取るには高解像度が必要となりますし、レジャー目的であっても後で大画面で見る際に美しい風景を鮮明に記録することが出来ます。

 

画素数

画素数は、画質の良さに反映されます。

  • VGA(640×480)30万画素
  • HD(1280X720)92万1600画素
  • Full HD (1920×1080)207万3600画素
  • 3M(2304×1296)300万画素

こんなアルファベットや数字が書かれていてもピンと来ない方も多いと思いますのでズバリ言いますと画質は良いものを買った方が間違いないです。

…まあ、当たり前ですけど(笑)

最近は、あまり無いと思いますが「VGA(640×480)30万画素」ですとナンバープレートが読めないくらいの画質で、それこそ緊急時の時に見たい所が見えないでは意味がありません。

ですから、最低でも200万画素のドライブレコーダーを購入しましょう。

 

フレームレート(fps)

ドライブレコーダーを選ぶ時に、フレームレート(fps)というのもあります。

これも意味がよくわかりませんよね。

フレームレート(fps)とは、1秒間で何コマの画像が録画されるかを表します。

例えば 20fpsであれば1秒間に20コマの録画を行っていることになります。

仮に60km/hで走行すると1秒間に16.66m進むことになります。

その1秒の間に20コマ録画するわけですから、約0.83mに1コマ撮影するということになります。

完全に街乗りの車であれば20fpsでも良いかもしれませんが、高速道路など少しスピードを出す場所も走るなら30fpsくらいは欲しいところですね。

 

ナビ連動

新車を購入する時やナビを買い替えるなら「ナビ連動モデル」も検討のチャンスです。

後付けのドライブレコーダーでモニターが無い場合は、画像を再生する時は内臓のSDカードをパソコンに移して表示させるものが多い(というかほとんど)ですが「車内ですぐに見たい!」という方にとってモニターは必須です。

しかし、そのモニターが場所を取って如何にも「ドラレコ付けてます」という存在感が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういう時には、ドライブレコーダーは後付けするのではなく「ナビを決める時に一緒に購入する」ことでナビ連動タイプで録画された映像はナビですぐに見ることが出来ます。

見た目にもスッキリするのはいいですね。

手動録画

ドライブレコーダーの映像は基本的に常時録画で上書き保存です。

つまり定期的にデータをパソコンなどに別保存しなければ、いずれ新しい映像に上書きされてなくなります。

特に最近はフルハイビジョン映像でデータ量も大きくなっていますので、記録されている映像は64GBのSDカードで最新8時間程度です。

そこで手動記録機能があれば、自分の残したい映像撮影を手動で録画し別ファイルに保存することが出来るので上書きされず、常時録画とは別に保管することが出来ます。

 

Gセンサー内蔵

トラブルの記録や防犯を目的とするのであれば、Gセンサー搭載モデルがおすすめです。

急ハンドルや急ブレーキ、駐車時のいたずらなど、車体に急な衝撃が発生するとセンサーが反応して動画を自動記録してくれます。

意外と駐車時のいたずらで入庫される車は多いので、せっかくドライブレコーダーを選ぶなら、他人事ではなくGセンサーでいたずら対策は検討したい重要ポイントです。

(ちなみに私も車上荒らしの被害にあった事あります。)

またモデルによっては上書きではなく自動的に別保存されますので、日数が経過しても無くなることはなく安心です。

 

GPS機能

ケータイやモバイルなどでは当たり前のGPS機能搭載のモデルも人気です。

場所と同時に日にちや時刻も記録されるので、事故やいたずらの詳細はもちろん、旅行やレジャーの思い出として、後で見返すときも便利ですね。

 

バックアップ電源

ドライブレコーダーの電源はシガーソケットから取るのが一般的ですので、エンジンを切ると電源供給されなくなってしまいます。

駐車中の防犯対策での録画などを求める場合は、バッテリーを内蔵したバックアップ電源付きのものがおすすめです。

 

ドライビングサポート

高品位なモデルになると、前方障害や車線逸脱などを感知して安全走行をガイドしてくれるものもあります。

いざという時の証拠映像だけでなく普段の運転からサポートしてくれますので、事故やトラブル回避にも繋がります。

 

おすすめ・売れ筋商品を徹底紹介!

ではドライブレコーダーの現在売れ筋となっている商品を価格や機能別に紹介します。

これから「ドライブレコーダーを付けてみたい」という方から、買い替えで「新たな機能が欲しい」という方まで、是非参考にしてみてください。

 

コストパフォーマンスに優れたエントリーモデル

初めてでも買いやすい価格ながら、常時録画 / 手動録画 / 衝撃検知録画など機能も充実。

コンパクトな本体は車内でも邪魔になりません。

 

機能充実のミドルクラスモデル

ケンウッド(KENWOOD) フルハイビジョン ドライブレコーダーDRV-610

オーディブランドで人気のケンウッドからは、2.7インチの程よいモニターサイズでGPS機能・Gセンサー搭載、デジタル放送を越える高解像度録画が可能なモデルです。

 

安心・高品質なハイスペック仕様

最大2Kの高画質は通常のカメラとしても充分に使えるほど。

GPSやGセンサー、バックアップ電源などひと通りの機能に加え、エンジンオフで3時間コマ撮り撮影のセキュリティモード搭載したハイグレードなモデルです。

 

常時録画タイプの売れ筋商品

厚さ8mmと薄型仕様なのでフロントガラスに取り付けても圧迫感が無く、フルハイビジョンの高解像度で映像を保存します。GセンサーやHDMI端子も内蔵の充実仕様です。

 

Gセンサー付きの売れ筋商品

車内インテリアを崩さないルームミラータイプ。

Gセンサー対応で驚きのコストパフォーマンスが人気のようです。

 

GPS機能付きの売れ筋商品

コンパクトボディながら500万画素の高画質と150度のワイドなビュー。

ドライブレコーダーで定評あるユピテル製で安心です。

 

ドライブレコーダーの取り付けは自分でも出来る?

ネットショッピングでドライブレコーダーを買った場合、取り付けは素人でも出来るものなのか心配されるかもしれません。

ですが、基本的にはフロントガラスに設置し、電源供給の配線をシガーソケットに繋げるだけなので、それほどドライブレコーダーの取り付けは難しいものではありません。

しかし取り付け位置が道路交通法によって定められていて

  • ルームミラーの後ろ側
  • フロントガラスの上縁20%以内でワイパー可動域内

に設置しなければなりません。

 

青丸辺りがドライブレコーダー設置におすすめです。

そして設置した後は適正な映像が録れるように角度調整が必要です。

ディーラーやカー用品店なら工事費用が発生しますが取り付けまで行ってくれ、電源を車内ヒューズから取ったり配線埋め込みの処理をしてくれるので綺麗な仕上がりになりますよ。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ドライブレコーダー購入時のポイントのまとめについては、

  • 万が一の事故の証拠に…画素数・フレームレートが高いものを選ぶ
  • イタズラの証拠画像に…Gセンサー内臓モデルを選ぶ
  • 旅の記念に…手動録画対応モデルを選ぶ

というポイントを抑えておくと良いですね。

ドライブレコーダーも調べてみると、とても便利なのがわかります。

仕事柄大きな声では言えませんが、純正品のドライブレコーダーよりも社外品の方が性能はかなり高いです。

いろいろ調べて用途に合わせたモデルをご購入下さい。

 

まいこ
この間点検に来たお客様が「何でもいいから衝撃映像が撮りたいからドライブレコーダー付けたい」と言っていたわ。
田中さん
ou Tubeなんか見るとドライブレコーダーの衝撃映像とか多いからね。
まいこ
海外の動画で道の穴にはまって動けなくなったプレーリードッグを救出するドライブレコーダー映像があったわ(笑)
田中さん
そんな襲撃映像が撮れるのもドライブレコーダーを取り付ける理由になるよね!

 



【 最後にPRです! 】

車の一括査定で心配なのは、たくさんの業者から一度に電話が掛かってくるとこと。

でもローラさんでお馴染みの「ユーカーパック」は、

  • 営業電話が来ない
  • 個人情報が流れない
  • 査定は自宅(出張査定)か提携ガソリンスタンドで1度のみ

それに2000社が参加するオークション形式だから車が高く売れる可能性があります!

愛車を高く売りたい方は試してみてね♪>/


 

おすすめ記事

1

いらっしゃいませ! 現役自動車営業マンの田中です! 突然ですけど、新車を購入する時は1円でも多く値引きしてもらいたいですよね? 私は営業マンなので出来れば値引きは抑えたいのが本音ですが、なかには「値引 ...

2

こんにちは! 現役の自動車整備士まいこです! 突然ですが、あなたは新車を購入するとき「インターネットの情報」をどこまで信用していますか? 私もそういったサイトを見るのが好きなので、ついついネットサーフ ...

3

いらっしゃいませ! 現役自動車営業マンの田中です! 今回は「中古車購入の注意点」についてご紹介したいと思います。   みなさんは自動車だったら新車も中古車も値引き交渉は一緒と思っているかもし ...

-カー用品

Copyright© くるまいこドットコム! , 2018 All Rights Reserved.