自動車整備士と営業マンが監修するクルマ情報ブログ

くるまいこドットコム!

車の購入売却

車の見積書の見方!コレを知らずに買いに行ったら損するかもよ?

更新日:

こんにちは!

自動車整備士のまいこです。

突然ですが、皆さんは車の見積もりを出されて「きちんと内容を理解出来ている」でしょうか?

なんとなく「トータルでたくさん値引いて貰えたら嬉しいな」なんて思っていたら甘い!

というのも、先日友達のA子が新車を買いたいというのでお店に一緒に行ったんです。

でも、そこの営業マンは女性2人だからと軽くみてか「高い見積もり」を出してきました。

もし、見積もりの見方が分からないA子1人だったら「こういうものなのかな?」と納得して契約してしまっていたかも知れません。

ギリギリ(`皿´ ) ギリギリ

そんなこともあったので、皆さんも悪い営業マンにやられないように「正しい車の見積もりの見方」をお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

車の見積もりの見方!まずは固定と変動のポイントを分けよう

まず車の見積もりは各社で名目が違ったりするので「何がなんだか?」になりがちですが、よく見ると

ポイント

  1. 変動するポイント
  2. 固定されるポイント

の2つに分かれます。

参照元TOYOTA 見積もりシミュレーション

こちらはトヨタのサイトから作成した見積もりですが、赤枠で囲ったところが変動するポイントです。

逆に囲っていないところは「税金」だったり「メーカーオプション(工場で取り付けられるもの)」で値引き対象外になります。

まいこ
工場で取り付けるのがメーカーオプションで、販売店で取り付けるのがディーラーオプションです。

ここでは、変動する赤枠で囲った部分を確認していきましょう。

 

車両本体価格

車両本体価格については皆さんご存じのように「値引き」があるポイントです。

車の購入で「どれだけ値引き出来るか?」は気になると思うので、あとでお伝えしますね。

 

販売店(ディーラー)オプション

先ほども解説しましたが、オプションについては

  • メーカーオプション…工場で取り付け(値引き無し)
  • ディーラーオプション…販売店で取り付け(値引き有り)

に分かれます。

マットやバイザーなど用品カタログから選択するものは「ディーラーオプション」です。

 

販売諸費用

そして、もっとも注意すべきなのが「販売諸費用」です。

というのも、車両価格やディーラーオプションには「定価」がありますが、この販売諸費用については定価がありません。

つまり「販売店の言い値」になります。

田中さん
実際に同系列のディーラーで見積もりをとっても販売諸費用は違うことがあります。

 


 

まず車の見積もりの見方として、

  • 「固定ポイント」…税金、保険、リサイクル料金、メーカーオプションなど
  • 「変動ポイント」…車両価格、ディーラーオプション、諸費用など

2つに分けてチェックするようにしましょう。

その上で【営業マンの販売姿勢】を見極めていきますよ!

 

スポンサーリンク

 

初めの見積もりで「買って良い営業マンか?」を判断しよう!

一般的に普通車だったら「30万円くらい値引きしてくれたら頑張った」なんて言われます。

でも、もし初めの見積もりが「無駄に高い」のであればどうでしょう?

また、ディーラーオプションが100万円分あって値引きが30万円だったら頑張ってくれたのでしょうか?

マイケル
そう考えると、変動する3つのポイント「それぞれの値引き幅」を知らないと、本当に営業マンが頑張ってくれたのか分かりませんね。

 

はじめにチェック!販売諸費用が「割高」じゃないか?

車の販売は「値引きありき」ですよね。

ですから、営業マンが初めに高い見積もりを出すのも作戦のウチでしょう。

その中で、最も上乗せしやすいのが何かというと「販売諸費用」です。

田中さん
先ほどもお伝えしましたが、販売諸費用は定価があるわけではなく「販売店の言い値」になるからです。

例えば、先の見積もりは「メーカーのもの」なので、販売諸費用は(参考価格)になっていますよね。

また「販売店のために高い金額で設定」しています。

そんな販売諸費用ですが、実務としては「書類作成に1時間とナンバー取りに行くのに半日」です。

そう考えると、正直15,000円くらいが妥当かなって思いませんか?

 

仮に65,727円もとられたら「えー!」ってなりますよね。(ナンバー代や証紙などは「法定費用」で別途請求されています)

内訳としては「車両登録費用、証明手続き費用、関連書類取得費用、納車費用など」名目を色々ありますが、結局コレは値引き対策なんです。

 

ディーラーオプションの割引率は2割だったら上出来!

販売店で取り付けを行う用品(オプション)は、何も言わなくても「1割引」は普通にやってくれると思います。

2割で計算してくれるなら「頑張ってくれる営業マン」でしょう。

さらに、取り付けの簡単な部品だけでも取り寄せて「自分で付けて工賃サービス」までしてくれたら神ですね。

 

車両本体価格の値引きは大きな声では言えないですが…

車両本体価格の値引きは、車種にもよりますが「40~50万円」です。

本当に大きな声では言えませんが、その根拠は某販売店の「社割価格」だからとだけ言っておきます。

ですから、一般の方で50万円値引けるかというと難しいのですが、仮に車両価格で30万円値引いてくれたら「まずまずの数字」なのではないでしょうか。

 

はじめの見積もりで「粘る営業マン」は要注意!

「車両本体価格・ディーラーオプション・販売諸費用」の裏事情的な話をお伝えしてきましたが、もちろん販売店もある程度の利益を残さないといけません。

まいこ
でも、人で販売価格(態度)を変える営業マンってどう思いますか?

冒頭の話に戻りますが、A子についた営業マンは「いかに値引きが出来ないかという理由を延々と説明して」きました。

「いや、定価じゃん。」

「定価どころか、明らかに諸費用とか高いじゃん。」

2時間くらいグチグチ話を聞かされ、うんざりして帰ってから「じつは、もう少し値引きできるようになりました」という電話がA子に入ったそうです。

 

ここで今までの話を振り返って欲しいのですが「車は値引きを前提に”全体的に高く”金額を設定」しています。

なのに、値引きが出来ない理由を延々説明するのは「悪く言えばウソ」ですし、値引きできるようになったというのも「ウソ」なわけです。(だって出来るんですから)

今回A子には車業界に詳しい私が一緒にいたから良かったですけど、何も分からない年配の方なんかが買いに来たら「他の人はもっと安く買っているのに高い金額で買わされる」ことになります。

「これって本当にどうなの?」って思うんです。

 


 

ちなみに、ウチの営業マンの田中さんは「内容決まった?じゃあ、値引きこれだけね!」とサクサク金額出していきます。

今のようなネットの時代だとお客様も「ある程度の値引き金額」が分かるので、そこをスパッと出し惜しみ無く提示するので即決してくれます。(田中さん曰くコツがあるそうですが)

私も車を買うなら変な駆け引きされるよりも、スパッと値段出してくれた方が「信用」できますよね。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

今回は熱が入ってしまいましたが「車の見積もりの見方について」お伝えしてきました。

後半は完全に個人的な意見になってしまいましたが、さいごにポイントをまとめておきます。

ポイント

  • 見積もりは「固定ポイント」と「変動ポイント」に分かれる
  • 販売諸費用には「定価」がない(好き勝手に価格設定できる)
  • 車は「値引きありきの価格設定」なのに値引きできないと言う営業マンは個人的に信用ならない

 

車屋の娘なのにアレですが、車業界は色々なところで健全ではないと思うんですよね。

同じ商品を誰でも同じ価格で買えないって方が「どうかしてるぜ」です。

思わずA子と一緒に「なんて日だ!」と叫んだ一日でした。

以上「車の見積書の見方!コレを知らずに買いに行ったら損するかもよ?」でした。

 



【 最後にPRです! 】

みなさんも車を運転するにあたって「自動車の任意保険に加入」していると思います。

でも、じつは「自動車保険は会社によって保険料が全然違う」ということをご存知でしょうか?

自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」では、一度の入力で複数の保険会社から見積もりが届きます。

  • 見積もりは1週間以内に「メール」もしくは「郵送」でご連絡!
  • しつこい電話勧誘などは一切なし!
  • 安心の実績!利用者数は400万人を突破!

自動車保険の新規加入! もしくは満期の連絡が来たら保険料を安くするチャンスです!

利用しない理由はありません!





おすすめ記事 と スポンサーリンク



 

 

夏のまいこ

-車の購入売却

Copyright© くるまいこドットコム! , 2019 All Rights Reserved.